>  >  > 京都「ウトロ地区」―安住の地を求める人々の軌跡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
関連キーワード:

Ian McEntire

,

ウトロ

,

不法占拠

,

京都府

0229utoro10.jpg

 京都府宇治市伊勢田町51番地。近隣の地域に住んでいる者ならばいざ知らず、そうでない大多数の人々にとっては、おそらくあまりピンとこない地番であろう。しかし、この地域の通名である「ウトロ地区」という名を聞けば、多くの人々が一度は耳にしたことのある地名と言えるかもしれない。


■通名でありながら公共物に名を刻むウトロ

 しばしばネット上で「アンタッチャブルな地域」としてその名が挙げられるこのウトロ地区は、今なお現存する在日韓国・朝鮮人の集住地域である。手元の資料によると、この地区には2008年時点で全65世帯・203人の韓国系住民が暮らしていたとされるが、そのうち何割が現在も居住中なのかは不明だ。また、後述する歴史的背景から、この地区に住む人々は事実上、土地を不法占拠した状態にあり、それを示すのように、これまでも立ち退きトラブルがしばしば巻き起こっている。

関連キーワード

コメント

11:匿名2016年9月27日 16:11 | 返信

戦後のGHQ主導による祖国帰還事業を拒否してウトロに住んでいる朝鮮人達に、日本と日本人に対して反感や不満を言う権利は微塵もない。

10:匿名2016年7月 9日 17:46 | 返信

ウトロに限らずこの辺はちょんが多い。
確かに犯罪者やおかしな人が在日にはいるけど普通の人、優れた人もいる。それを十把一絡げにするのはどうか、と。
また在日側も犯罪を犯す同胞をかくまうのはどうか、と。
日本人だと身内の恥は諭して糾すのだけれど・・・

9:匿名2016年7月 9日 08:30 | 返信

寄生チョーセンゴキブリは駆除せよ!

8:匿名2016年7月 8日 02:57 | 返信

なんで焼き討ちしないの?
本来ヤクザ任侠の仕事なのに地主有力者が弱ったからか?

7:匿名2016年7月 7日 23:17 | 返信

朝鮮人の不法占拠が続くウトロ地区は所有権が転々とした後、2004年1月突然個人名義に所有権移転登記がされた。それを巡って数々の移転登記無効の民事訴訟の末、2006年9月最高裁が土地所有権移転登記の無効を言い渡した。2010年10月には地権者西日本殖産の税金滞納で、宇治市が土地を差し押さえしている。他にも整理回収機構が債権を持っており、適正に執行すれば、税金を無駄遣いせずに済む問題。
ウトロの土地を勝手に所有権移転登記したのは、朝鮮人の自治会長。民潭系の旧大阪商銀がカネを出し、連帯保証人は民潭京都地方本部団長。朝鮮人同士騙し合いの決着に、自治体は公的賃貸住宅の建設と道路下水道整備を決めている。不法占拠の上、転売で逮捕監禁致傷及び強要で多数の逮捕者まで出した犯罪者を庇う行政。出稼ぎに来て飯場に居座り、明け渡しを暴力で拒否し続けた不法占拠の朝鮮人が得をするのはおかしい。
尤も地方自治体として手が出せなかったのは、当時韓国外交通商部長官だった潘基文が介入し、韓国議会で問題にしたからだ。現在カタカナで書かれるウトロは、本来「宇土口」と書く。出稼ぎ朝鮮人は字が読めず、カタカナと間違ってウトロになった。
現在は韓国人教授が呼びかけで強制連行された歴史館建設を提唱している。馬鹿をいっちゃいけない。ウトロは不法占拠した犯罪者の歴史しかないのが事実。

6:匿名2016年7月 7日 23:15 | 返信

朝鮮人の不法占拠が続くウトロ地区は所有権が転々とした後、2004年1月突然個人名義に所有権移転登記がされた。それを巡って数々の移転登記無効の民事訴訟の末、2006年9月最高裁が土地所有権移転登記の無効を言い渡した。2010年10月には地権者西日本殖産の税金滞納で、宇治市が土地を差し押さえしている。他にも整理回収機構が債権を持っており、適正に執行すれば、税金を無駄遣いせずに済む問題。
ウトロの土地を勝手に所有権移転登記したのは、朝鮮人の自治会長。民潭系の旧大阪商銀がカネを出し、連帯保証人は民潭京都地方本部団長。朝鮮人同士騙し合いの決着に、自治体は公的賃貸住宅の建設と道路下水道整備を決めている。不法占拠の上、転売で逮捕監禁致傷及び強要で多数の逮捕者まで出した犯罪者を庇う行政。出稼ぎに来て飯場に居座り、明け渡しを暴力で拒否し続けた不法占拠の朝鮮人が得をするのはおかしい。
尤も地方自治体として手が出せなかったのは、当時韓国外交通商部長官だった潘基文が介入し、韓国議会で問題にしたからだ。現在カタカナで書かれるウトロは、本来「宇土口」と書く。出稼ぎ朝鮮人は字が読めず、カタカナと間違ってウトロになった。
現在は韓国人教授が呼びかけで強制連行された歴史館建設を提唱している。馬鹿をいっちゃいけない。ウトロは不法占拠した犯罪者の歴史しかないのが事実。

5:みさみさ2016年4月17日 04:29 | 返信

ウトロは特別な地域と言えるでしょう。
ウトロは宇治市伊勢田町ですが、近鉄伊勢田駅から大久保駅迄には多くの在日朝鮮人の人達が現在も暮らしている。
大久保駅と伊勢田駅の間には陸上自衛隊大久保駐屯地があり日本で初めて海外に派遣された部隊なのです。目的はPKO参加としてカンボジアに橋、道路建設などを行った。
派遣を巡り当時中核派の猛反対に合い、駐屯地横の喫茶グリーンスポット駐車場から迫撃砲を3発(1発不発)駐屯地に撃ち込まれている。
この地域は、戦争当時は軍事工場があり滑走路も存在したが、戦後は滑走路はなくなり大久保駐屯地と日産の子会社である日産車体の工場に成ったのだ。
ウトロ地区全体が不法占拠された訳では無い。大久保駐屯地直ぐ北側に隣接した地区のウトロと呼ばれた所の話である。
戦時中に工場労働者として朝鮮半島から渡って来た朝鮮人達が集まって住んでいたが、戦後もその地区で住み続けたのだが、土地の所有者が日産車体の所だけが何も話し合いもしない状態で長い間放置された結果、不法占拠状態と成っていたのだ。
日産車体以外の土地は、其々の在日朝鮮人の方々が土地の購入をされており何の問題も発生していない。
今回取り上げている大久保駐屯地北側のウトロ地区の土地の所有者は日産車体であったが、日産の業績悪化に伴い不法占拠されていたウトロ地区を住民に土地を売却する事に成ったのだが、ウトロ地区の町内会長がウトロの住民から集めた土地購入資金を持って一人で「トンズラ」した事から話がややこしく成ったのだ。
ウトロの住民は土地購入の為のお金を出したが、会長に持ち逃げされてしまったが、土地は日産車体から仲介の不動産屋に売却された状態であり、仲介した不動産屋は不法占拠が続き最後は倒産した。
倒産した不動産屋から更に他の不動産屋に転売されてニュースステーションにも取り上げられて成り世に知られる事と成ったのである。
最終的には、朝鮮ではなく当時の韓国大統領であった李明博が土地買い上げ資金を集めて土地の購入が出来、今日は問題は解消された。
現在のウトロ地区の集会所は、当時のなごりで北朝鮮を擁護するハングル文字の看板はあるが、特別に違う反日運動などは無い。(一般的なものはある)
日産車体、喫茶グリーンスポットも売却されて、現在は無い。
新たに土地を購入して新しい住民も増えており、いずれは過去の出来事として忘れられるのでしょう。
因みに、今から40年前には豚小屋もあったが不審火騒ぎもあり今は何も残っていない。

4:匿名2016年4月16日 07:49 | 返信

ウトロのおっさんと話した事あるけど、人は良いおっさんやったな(笑)

3:匿名2016年4月15日 12:25 | 返信

最期の看板には、

"ウトロで生きてきて
ウトロで死す"

と書いてありますね。
せっかく取材したんだから、それぐらい調べましょうよ。
その方が記事の質も上がると思いますよ。

2:匿名2016年4月14日 23:28 | 返信

放火でもなんでもして、早く一網打尽にしてくれや。

国交永久断絶切望!!!!!
在日強制送還熱望!!!!!

1:匿名2016年4月14日 20:51 | 返信

こんなのを許しているからなめられる
なぜ強制送還しないのか
朝鮮人がいなければ起きなかった事件もどれ程あるのか
あんな反日乞食民族が帰化して政治家になり反日活動もしている
もう終わりにしよう
朝鮮とは国交断絶、在日送還、帰化取り消しの上送還
貿易停止そして和夫一家事件やライダイハン等、数々の事件などを世界に広め
人類の敵と周知させよう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。