>  >  > 身長61cmの“生ける死骸”、悲劇的病状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 12歳と言えば育ち盛りだ。数カ月見ないうちに、ぐんぐん背が伸びる年齢である。しかし12歳だったクマーリ・クンティさんは、それとは真逆の道をたどってしまった――。


■9歳の時に歩けなくなり骨が縮みはじめる

 クマーリさんは、インド東部にあるジャールカンド州の農村に住む女性で現在25歳になる。しかし彼女の身長は、生後3カ月の乳児の平均身長である61センチしかない。彼女は9歳までは通常の成長をしており、身長も122センチあった。しかしクマーリさんが9歳になると、急に歩けなくなり、成長するどころかどんどん体が弱まり、しかも縮んでしまったのだ。

 母親のデヴィさんは、娘はまるで「死骸」のように見えると言い、涙にくれる。現在クマ-リさんは、1日をベッドで過ごす。母親の助けなしに動くことはまったくできない。

brittlebonedisease1.JPG
Daily Mail」の記事より

 もちろん家族もクマ-リさんの病気が悪化するのを、ただ見ていたわけではない。左脚が特に衰弱したので、病院で脚の補強手術を受けた。手術後、症状は改善されかと思われたが、早くも1カ月後には再び悪くなり、ついには立ち上がれないほどになってしまった。そもそもクマ-リさんは物心ついてから、走ったことは一度もなく、歩行すらゆっくりとしかできなかったと振り返る。

brittlebonedisease2.JPG
シン医師とクマーリさん 「Daily Mail」の記事より

 成長するにつれて病気は進行し、彼女の脚は縮んで湾曲し、腕もS字型に曲がってしまった。最終的に彼女は歩行不可能な身体となり、1日中ベッドで横になることしかできなくなってしまった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。