>  >  > ホピ族の予言「もうすぐ世界は滅亡する」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント18

 先祖代々にわたって口述による“予言”を継承しているアメリカ先住民族・ホピ族――。最近の8つの予言はすべて的中したといわれており、残るは9番目の予言で、それが現実のものとなる日がそろそろ近づいてきているという。そして“その日”とは、すなわちこの文明の終わりであるというのだ。


■先祖伝来の「ホピの予言」とは?

ninepredictions1.JPG
Express」の記事より

 ネイティブアメリカンの多くの部族が、先祖伝来の土地を追われ別の地域へと強制移住させられている中、コロラド高原中央部の4州にまたがる地域「フォー・コーナーズ」で2000年以上も前から暮らしている部族がホピ族である。多くの少数部族が消滅の瀬戸際に立たされているが、ポピ族は2010年の統計で1万8327人にのぼっており、まだまだ隆盛を誇っている。

 ホピ族には先祖から口述で伝えられている「ホピの予言」がある。伝承によれば、現在の我々の文明は第4の時代(Fourth World)であり、先の3つの文明は“火”と“氷”、それに“水”によって滅ぼされたということだ。一説によると“火”とは火山の同時噴火による大災害であり、“氷”とは氷河期、“水”は大洪水であるといわれている。そして現在の第4の時代も、終わりに近づいているということである。

 1958年、アメリカ人聖職者のデイビッド・ヤング氏がホピ族の長老である「ホワイト・フェザー(白い羽)」から、ホピ族に伝わる9つの予言を聞かされた。前述の通り、そのうち8つはすでに現実のものとなっており、問題は9番目の予言である。ちなみに的中した8つの予言とは下記の通りだ。

1. 白い肌の人間の到来
ヨーロッパ人によるアメリカ大陸の発見と進出のこと。

2. 満ち溢れる回転する車輪の声(音)
最初は馬車、後に自動車が走り回る様子のこと。

3. バッファローに似た角が生えた獣の流入
牧畜のために持ち込まれたヨーロッパ産の牛のこと。

4. 鉄のヘビが大地を横切る
鉄道のこと。

5. 巨大なクモの巣が大地に張りめぐらされる
電線や電話線のこと。

6. “石の川”が大地に交錯する
舗装道路のこと。特に高速道路。

7. 海が黒く変色し多くの生物が死滅する
2010年のメキシコ湾原油流出事故のことであるといわれている。あるいはタンカーによる原油の海洋流失事故全般。

8. 長髪の若者がやってきて部族の生活と知恵を学ぶ
1960年代~70年代の“ヒッピー・ムーブメント”のことであるといわれている。

ninepredictions2.JPG
画像は「Wikimedia Commons」より

 8つの予言はすでに過去のものとなったが、9番目の予言が実現する日が近づいているという。では、その予言とはいったいどんなものなのか。

関連キーワード

コメント

18:匿名2017年3月 5日 10:13 | 返信

青い光は露出した核融合炉だろ
衛生か宇宙ステーションに搭載されたか何かの。

17:赤釋2017年1月26日 10:07 | 返信

2017年後半に世界に変化が訪れます。
地球の創造神である界王様達が乗られる宇宙船が地球に再度飛来し、
界王様の民がどんどんと押し寄せてくるでしょう。
地球は銀河の帝王界王神様の支配下に置かれます。
界王様の民が7月以降に飛来し移住を進める時の、各国の受け入れ態勢が友好的か敵対的かに
地球の未来の存亡が分かれるでしょう。
ソドムとゴモラの時の様な二の舞にならない様天罰回避出来る事を切に願います。
又ファラオの時の様な王族の抵抗があり地球人が奴隷化されなければいいのですが。
地球の盟主であり創造神である界王様達を暖かく迎えたいものです。
界王様崇拝

16:匿名2017年1月 8日 19:26 | 返信

研究者を話題に出すんだったらちゃんとその研究者の名前を書いてね、コメント陣よ

15:匿名2016年12月 3日 10:54 | 返信

いや、この予言本当に当ってるとしても8番目とか見るにホピ族集落周辺(これだけ嫌にスケールが小さい)、でかくともアメリカ大陸の事しか言ってねえのになんで最後だけ地球滅亡とか言いだすんだ?
予言が当たってたとしても、実はホピの集落近くに旅客機が墜落する程度の話じゃねーの

14:匿名2016年10月11日 23:11 | 返信

ノストラダムスの予言の「恐怖の大王が空から降ってくる」っていうのと、同じ匂いを感じる。
結局あれも騒ぐだけ騒いで、何も起こってないし。
この手の~部族に伝わるとか、預言者なんたら~系のネタはもう飽きました。

下らなすぎる。

13:匿名2016年10月 2日 22:28 | 返信

これってアメリカの「スカイラブ計画」でスカイラブが墜落(大気圏突入)した時にも騒がれたネタだね。結局何も起こらなかったけどw その後ロシアのミールが墜落した時にも同じ事言われてた。もちろん何事もなしww

12:匿名2016年10月 2日 15:18 | 返信

仲田さん、地球面積における原発の面積を計算し、そこにパーツが直撃する確率を考えてみよう。
たぶん、そんな災害を心配するよりも、明日交通事故で死ぬことを心配するほうが圧倒的に現実的だよ。

11:匿名2016年10月 2日 02:31 | 返信

例えば稼働中の原発にヒット

飛躍しすぎ。こいつの思想丸出しw

10:風間2016年10月 2日 00:32 | 返信

>>8

ホピだけじゃなくて、全ての部族の伝承を研究しているらしいけど
自分も同じインディアンなので、ホピ族を批判することはしたくないみたいで
すごく言いにくそうに、遠まわしに疑問を呈していた感じ。
年配のホピの長老たちが子供のころは、全く聞いたことがなかったらしく
途中からホピの予言を主張する者達が部族内に現れたとか。
それが1950年代かどうかは分からないけど
一般的に、こういうのって、信じてる人はちょっとでも疑問を投げかけられると激しく反発するから
なんか中立の立場の人の意見が聞きたいね
個人的には信じたいけどね

9:匿名2016年10月 1日 22:36 | 返信

プルトニウム(プルートー:冥王星)は、青く光る。

8:匿名2016年10月 1日 16:23 | 返信

>そのアメリカ人学者(その人もインディアン出身)は、たしかホピの大昔の言い伝えにはなかったといっていた。

そのアメリカ人学者はホピの預言を全部把握してるのかい?

7:匿名2016年10月 1日 05:25 | 返信

超古代から「もうすぐ世界は滅亡する」と言い続けたんならそりゃ当たるわ。

6:風間2016年10月 1日 00:54 | 返信

前の投稿の訂正

1970年代じゃなかったな。もっと古い現代だったような。
そのアメリカ人学者(その人もインディアン出身)は、たしかホピの大昔の言い伝えにはなかったといっていた。
あと、そのせいで疑う人たちがいるということも書いていたから、本当にそうなら、研究者のあいだで意見が分かれているはずだが、実際はどうなんだろう?

5:風間2016年10月 1日 00:48 | 返信

>>4

なるほど、教えてくれてありがとう
私はホピ族を取材したアメリカ人の学者の発言で知ったんだが
現代っていうのがいつごろなのかまで覚えていないんだ
大昔からはなかったが、1970年くらいから出始めたっていう話だったと記憶しているが
別の学者によれば超古代から予言はあったらしいんだね
どっちが正しいんだろう?私のそこのところは確認したい

4:匿名2016年9月30日 23:55 | 返信

※2
それは間違いだな。
かなり昔からホピ族の長がアメリカ政府に警告を出していたが長い間ずっと無視されバカにされてきたのを、20年前くらいにやっとホピ族の予言の内容を政府が耳を傾けるようになった。
ホピ族の予言は超古代から伝わるものだとアメリカの学者やそっち系に詳しい人は言っている。

3:匿名2016年9月30日 21:03 | 返信

>>2

>現代になって急に言い出されたことらしい。

そう言っているアンタ自身が根拠あやふやなんだから、ホピよりもアンタのほうが信用性低いよw

2:風間2016年9月30日 16:49 | 返信

あまり知られていないことだが、アメリカ先住民に詳しい人なら知っていることで、
ホピの予言というのは、以前までは存在しなかったものが、現代になって急に言い出されたことらしい。
つまり、西欧文明の予言ブームに便乗して、でっち上げた話である可能性が極めて高いということになる。
いわば、ホピ族版の町おこしイベントみたいなものらしい。

1:匿名2016年9月30日 13:32 | 返信

青い星というのはベテルギウスの超新星爆発では?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。