>  >  > 「瞑想するマウス」の脳波を調べてみたら…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 最近日本でもじわじわと浸透しブームになりつつある“マインドフルネス”――瞑想及びその他の訓練を通して自分本来の身体や気持ちの状態に気づくための心のエクササイズとして、ハリウッドセレブやGoogleはじめ世界的な大企業でも導入する動きが広がっている。


■瞑想状態のマウスの脳波がシータ波に

meditatingmice1.JPG
LA Times」の記事より

 現実をありのままにとらえる心の持ち方=マインドフルネスを実施すると、ストレスフルな場面においてもネガティブな感情や状況にとらわれることなく、いつでも本当の自分を取り戻すことができるという。

 マインドフルネスについてかねてより研究を行っている米・オレゴン大学では、今回、この効果の科学的根拠を動物実験により検証し発表した。なんと遺伝子操作により“瞑想するマウス”を生み出して、瞑想が及ぼす効果を調べたのだという。その結果、ストレスが目に見えて軽減することが脳波にくっきり表れたのである。

 認知神経科学者のクリス・ニール博士率いる研究チームは元々マインドフルネスのトレーニングを行っている人々の脳波の測定・調査を行っていたが、瞑想中に被験者の脳の白質(大脳や脊髄など神経線維が集まる組織)に変化があることに着目した。集中した時に発生し人間のインスピレーションやヒラメキを促進するといわれる、脳波のシータ波(θ波)が鍵を握っているのではないかという仮説を立てて、その裏付けを取るためにマウスを使った実験を行うことにした。

 チームはレーザーを照射するとニューロン(神経細胞)に活動電位が発生するように、マウスの脳に遺伝子操作で特殊なタンパク質を移植した。これによりマウスの脳が瞑想を行っている状態を生み出し、マウスのACC(前帯状皮質)におけるシータ波が発生した際の変化を観察できることを目標にしたという。

 ACCは感情や行動調節、意思決定といった幅広い認知機能を司っており、動物の恐怖心や逃走反応に関係する脳の原始的な部分である扁桃体も含んでいる。

 ACCにレーザーを照射して瞑想状態になった個体は、脳の他の部分にレーザーを照射したマウスよりもストレスが軽減されたことを確認した。そして瞑想状態のマウスには人間の被験者と同じシータ波のパターンが見てとれ、さらに深くリラックスした脳波があらわれた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。