>  >  > ヒトラーが恐れた予言者ルドルフ・シュタイナーの滅亡予言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

 悪魔の独裁者ヒトラーが最も恐れた予言者がいた。その名も、ルドルフ・シュタイナー

 彼は、1861年、オーストリア帝国(現クロアチア)に生を受けた。シュタイナーは幼い頃から、心霊現象など不思議な神秘体験を繰り返していたが、彼はそのことをひた隠しにし、学問に打ち込んでいた。だが一方で、霊能力は人間誰しもが持っているものだと直感し、霊的なことについては独自に研究を進めていたという変わった尾人間だ。


■人気俳優・工藤工も受けたシュタイナー教育

240px-Steiner_Berlin_1900_big.jpg
画像は、シュタイナー/Wikipediaより

 幼いころから天才として謳われるほどの頭脳をもちあわせたシュタイナーは、思想家・哲学者・神秘思想家などさまざまな肩書をもっていた。だが、日本では教育者として有名で、「シュタイナー教育」として認知されている。

 個性派イケメン俳優として活躍中の斎藤工も、この「シュタイナー教育」の学校に通っていたそうだが、その学校では、教科書もテストもなく、競うことをせず、ひたすら感受性を豊かに磨くことを重視した教育を行っているといわれている。シュタイナーは、「人類は霊的に高次元に進化していくことが存在理由だ」と述べており、それが教育にも反映されているようだ。もしかしたら、シュタイナー教育が今の斎藤工の俳優としての才能を伸ばしているのかもしれない。

 個性的な教育方法で知られるシュタイナー教育を教える学校は、全世界に広がりを見せ、現在では1000校を超えているという。シュタイナーの思想は時代を超えて、人間形成の根幹となる教育にまで影響を及ぼしているのだ。

150px-Blavatsky.006.jpg
ブラバッキー/Wikipediaより

 そんなシュタイナーは、20歳の若さでドイツの作家ゲーテの神秘的な思想に興味を抱き、研究の第一人者となる。20世紀に入ってからマダム・ブラヴァツキーが設立した神秘主義を追求する団体「神智学協会」に所属し、41歳でドイツ支部を任されることになる。しかしその後、方向性の違いから「神智学協会」を脱会し、自ら「アントロポゾフィー協会(人智学協会)」を立ち上げた。


■ヒトラーの悪魔性を予言、そして暗殺……

 実はシュタイナーは、ヒトラーやナチスがまだ無名の頃からその危険性を指摘していたといわれている。

「彼らが大きな力を持つとヨーロッパに大変な不幸をもたらす」と予言していたのだ。そして、シュタイナーの予言通り、ヒトラーは独裁者となり、第二次世界大戦の火蓋が切られたのだった。

Bundesarchiv_Bild_183-H1216-0500-002,_Adolf_Hitler.jpg

 ヒトラーは、シュタイナーの優れた知性やカリスマ性だけでなく霊的な能力をも恐れ、演説の場でも名指しで批判。思想的にも、アーリア人の優位性を唱え選民意識を煽るヒトラーと、シュタイナーの「誰でも修行により霊的に向上する」という考えは相容れないものであった。

 それはオカルト面においても同じく、悪魔的オカルティストのヒトラーにとって、平和的名シュタイナーの神秘主義は相容れないものだったのだ。

 実はヒトラーは、シュタイナーの暗殺指令を密かに出していたといわれている。事実、シュタイナーは、熱狂的なナチス支持者により協会の建物に放火されたり、ミュンヘンの駅構内で銃撃されたりしたのだ。そして、最終的にシュタイナーは、原因不明の発作を起こし倒れると、徐々に衰弱して死に至った。1925年3月、64歳のことであった。この死をめぐっては、食べ物に毒を盛られたという説もある。そして、シュタイナーの死から約8年後の1933年に、ヒトラー政権が誕生した。

コメント

11:匿名2017年8月13日 21:59 | 返信

工藤工って誰

斎藤の間違い

10:匿名2017年8月13日 21:58 | 返信

工藤工って誰だ
斎藤でしょ

9:匿名2017年4月23日 20:33 | 返信

もっとしっかりと校正してもらわないと駄目ですよ。誤字が多過ぎます。

8:匿名2017年4月21日 00:03 | 返信

(ー”ー) ちょっと無理がある・・。

原発とか、化学兵器は別として。
大規模な天災は火山帯なら古くからあったわけで…。

まぁ、筆者からしてお察しだけど・・w
この人わりと粗製濫造な印象の記事を書くから・・。

7:匿名2017年4月 4日 17:40 | 返信

シュタイナーのヒトラー予言とか見たことないよ。少なくとも膨大なシュタイナー関連の邦訳本に「具体的な記述」として書かれているものはない。これは「安倍はヒトラー」とかいう文句に「そうだ」と簡単に応じる日本の左翼人による宣伝だと思うね。こういった神秘思想も「左派の政治道具」として用いられているということを知るべきだね。今まさにそうなっているってことをさ。そもそもシュタイナーが亡くなったのは1920年代で、ナチスが本格的にドイツ国民の間に台頭する30年代とだいぶ時期がズレているしね。ヒトラーがなぜとっくの昔に亡くなっているシュタイナーを「恐れなければ」ならないんだよ。ここには日本のシュタイナー関係者(大部分が政治的には左派に属している)の日本の読者への詐欺行為がある。それよりもシュタイナーによる政治系警告の多くはロシアであり、ユダヤだった。「ロシアの共産主義化を悪魔による介入だと憂えていた」し、ユダヤ問題も発言している。いわく「イスラエルの再建なんてナンセンスだ。ユダヤ人は民族としては解体されて、世界中に散って、その内部で民族としては消えていくべきだ」と訴えた。シュタイナー存命時の直近の問題としてもっともシュタイナーの存在を苦々しく思っていたのは、ユダヤのシオニストたちであって、シュタイナーの暗殺未遂も彼らによるものだよ。なのにこの筆者は決めつけを行ってる。それは真実に逆行する行為だし、シュタイナー的な言い方をするなら「悪魔に加担するふるまい」なんじゃないですかね。日本のシュタイナーファンは日本の政治的左派のシュタイナー関係者にみごとにダマされているよ。むしろシュタイナーは存命当時「西洋が現在のような無理無体をアジアに対して行い続けるなら、最後には日本が戦争をしかけてくるぞ。悔い改めよ、西洋人」と警告を発し、現実にそうなってしまっているのに(邦訳「社会の未来」)日本の左派シュタイナー研究者たちはこのシュタイナーの重大な警告をいままでまったく無視し続けて、勝者側が日本国民に押し付けた日本悪玉論に疑念を抱くそぶりさえ見せないからねえ。

6:匿名2017年3月30日 06:02 | 返信

有名なヒトラーの予言はおそらく、ルドルフシュタイナーからパクったもんだろうな
ズルくて非常な男だな 大虐殺に手を貸したんだからな

5:匿名2017年3月30日 05:55 | 返信

闇組織のもっと奥の奥の院はもう日本中心の世界に変わることに決定したとかいう本がありました
ただそうなるためには幾つかの条件をクリアしないとならないようです
かなり安倍総理夫妻は頑張ってるようですが、かなり難しいと思います
反日、在日達が邪魔をしにかかるでしょうから。厄介な日本です
籠池騒動のように常に足を引っ張られるからです

4:匿名2017年3月10日 14:27 | 返信

破滅も救いも日本からって話はあるね
日本は辛いことが多いけど不思議な国だ

3:匿名2017年3月10日 00:19 | 返信

トランプだな

2:匿名2017年3月10日 00:16 | 返信

トランプだな

1:匿名2017年3月 9日 19:24 | 返信

尾人間ってなんなの

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。