>  >  > 各地に「地震雲」出現、巨大地震の発生間近か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント17

 ここ数日、全国各地の空で奇妙な形の雲が多数観察され、ツイッターなどを通じて拡散、注意を呼びかける声が上がりはじめている。というのも、それと同様の奇妙な雲が、あの阪神・淡路大震災や東日本大震災の前後にも目撃されていたのだ。首都直下型地震や南海トラフ巨大地震について、複数の科学者が「いつ起きても不思議ではない」と指摘していることは周知の事実だが、とうとう“その時”が目前に迫っているということなのだろうか?




■決して軽視するな! 「地震雲」はある!

 まず、今回の空の異変について考察を進める前に、「地震雲」についての基礎知識をもう一度確認しておこう。

 巨大地震の前後に、自然界でさまざまな異変が見られることは、古くから指摘されてきたことである。奇妙な形の雲のほかにも、火山活動の活発化、陸上動物や海洋生物の異常行動、謎の発光体や光の柱、見慣れない虹(日暈・環水平アーク・白虹など)、さらに人々の頭痛や耳鳴り、予知夢などあらゆる「宏観異常現象」が報告されているのだ。とりわけ地震雲は人々が目撃しやすい異変であり、他の宏観異常現象と比べて報告例も格段に多く、その特徴は、概ね以下のように集約できる。

・ 低高度に発生する
・ 風に流されず、長時間消えない
・ 地震の規模にかかわらず発生する
・ 形状は「筋状」「洗濯板状」「波紋状」「放射状」「弓状」など多岐にわたる

 つまり、空を見上げたあなたが「何やら見慣れない形の雲がある」と感じ、それが低空でしばらく観察できた場合には、地震雲である可能性が高いというわけだ。




 地震雲を含む宏観異常現象について、地殻の変動によって放出されるパルス電磁波の影響ではないかと指摘する説はあるものの、依然として因果関係が証明された例はない。そのため、とかく宏観異常現象を「オカルト的なもの」として一笑に付す風潮も一部で見られるが、それは間違いだ。多くの人々が、巨大地震の発生前に、異変を目撃したり感じ取っていることは紛れもない事実。中国などは、国家レベルで宏観異常現象の解明に心血を注いでいるほどだ。現代の科学で解明することができないからといって軽視する姿勢こそ、被害拡大につながる危険に満ちた愚行といえる。




■30年の経験から分析する、ここ数日の「地震雲」

 では、ここ数日間で相次いでいる地震雲の出現をどのように捉えるべきか? 日本列島全体が大きな揺れに襲われるような超巨大地震が目前に迫っているのだろうか? まだ科学を頼りにすることができない現在、私たちが参考にすべきもの、それは“経験則”だ。

 そこで今回、トカナ編集部は地震関連の連載でもお馴染み、百瀬直也氏にコメントを求めた。30年以上にわたりデータ重視の超常現象研究、地震前兆分析に取り組んできた百瀬氏の見解は、以下のようなものだ。

わかりやすい地震雲の本

わかりやすい地震雲の本

これであなたも大地震を予知できる

コメント

17:匿名2017年4月21日 14:56 | 返信

地震雲についてご説明致します。
本震発生前から地殻変動による岩盤の崩壊が始まります。 この岩石が壊れる時の剥離帯電現象により周辺地電流に変化が発生し、併せて上空に向け電磁波が放出されます。
この電磁波が空気中に微細な形で存在する水滴(水蒸気)の分子間結合を弱める形で作用し、断熱膨張現象による雲を発生します。 湿った風が山を駆け上り雲になる気象現象です。 
雲の形が現場によって異なるのは、発生源の形を投影するからです。

地電流の変化は水中生物が最も受けやすく、ナマズの飛び跳ね行動はその分かり易い例です。 又、素足で地面に触れている野生動物の異常行動も、これによるものです。

東北大震災の前にも、震源地の上空では広範囲にわたる電磁気異常が観測されていました。

私の知る特異な例ですが、地震発生前に木の葉が風もないのにザワザワと泣くケースが有ります。
秋田県にかほ市象潟(きさかた)に有る名刹・蚶満寺(かんまんじ)で、境内に『夜泣きの椿』と言う樹齢300年は超えるとみられる妖樹です。 
この地域は1804年の地震で土地が大きく隆起し現在の地形となりましたが、お寺では代々言い伝えられている縁起でも有り地域の七不思議のひとつでもあります。

七不思議をばらすようで悪いのですが、地電流の変化を敏感に捉え空気中に放電する際に微細な振動をするものと思われます。 この現象は椿の木の真下・地中深くに有る岩盤の形状に由来するものと考えております。 分かり易く申しますと、この地がパワースポットで有る由縁です。

地震雲につきましては諸説有るものですが、私見を申し述べました。


16:project wave2017年4月21日 13:02 | 返信

 地震雲について説明いたします。
地殻変動により岩盤の崩壊が発生いたします。 この岩盤や地殻が破壊される時に、巨大な剥離帯電現象による地電流の変化と併せ、上空に向け電磁波が放出されます。 この電磁波が空気中に微細な形で存在する水滴(水蒸気)の分子間結合を弱め、いわゆる断熱膨張の形で雲が発生するものです。
湿った風が山を登り雲ができる現象です。 地震雲の形が現場によって異なるのは、発生源の形を投影するからです。
地電流の変化は水中生物が最も受けやすく、ナマズの飛び跳ねなどはその分かり易い例です。 又、素足で地面に触れている動物の異常行動もこれにより説明されます。
東日本大震災発生前に震源地域上空で大規模な電磁気異常が報告されていましたが、原因は超巨大な剥離帯電現象によるものです。

私の知っている特異な例ですが、秋田県にかほ市象潟にある名刹・蚶満寺(かんまんじ)境内に自生している樹齢300年以上と思われる夜泣きの椿は、発生する地震を知らせ葉っぱを細かく振動させますが、これは溜まった電気を空中放電する現象です。 なぜこの椿だけが地電流の変化に敏感なのかは、この木の直下地中深くの地盤構造にその原因が有ると考えられます。

15:匿名2017年3月22日 18:23 | 返信

わからん =. =
何かあるかもね

14:匿名2017年3月19日 21:36 | 返信

>14
渡しても役立てることは絶対に不可能。
地震雲に関して素人以下のコメントしかできない愚か者。

13:匿名2017年3月18日 23:30 | 返信

地震雲の情報を百瀬に渡していいのか?

12:匿名2017年3月18日 22:57 | 返信

こんな小さな雲が地震雲だって???????
笑っちゃうねwwwwwww
 
 
本物の地震雲は地平線の端から端まで一直線に伸びるもっと太い雲
見ればすぐに分かる位に異様
よく勉強しとけ

11:匿名2017年3月18日 21:43 | 返信

阪神大震災のときの地震雲は、夕焼けが美しい日だったので偶然見つけて、生駒山越しに眺めていた。
見慣れないはっきりした形で地震雲かもしれないと思ったのでしばらく観察していたが、東側から見た限りでは、山の稜線の同じ位置に同じ形でずっと見えていた。
30分超えてさすがに飽きたので見るのやめたけど。
移動したというけど、地震雲自体が風で西から東に流されただけでは?移動する方が謎なんだけど。

10:匿名2017年3月18日 21:38 | 返信

阪神大震災のときの地震雲は、夕焼けが美しい日だったので偶然見つけて、生駒山越しに眺めていた。
見慣れないはっきりした形で地震雲かもしれないと思ったのでしばらく観察していたが、東側から見た限りでは、山の稜線の同じ位置に同じ形でずっと見えていた。
30分超えてさすがに飽きたので見るのやめたけど。
移動したとしても、地震雲自体が風で西から東に流されただけでは?

9:匿名2017年3月18日 21:36 | 返信

阪神大震災のときの地震雲は、夕焼けが美しい日だったので偶然見つけて、生駒山越しに眺めていた。
見慣れないはっきりした形で地震雲かもしれないと思ったのでしばらく観察していたが、東側から見た限りでは、山の稜線の同じ位置に同じ形でずっと見えていた。
30分超えてさすがに飽きたので見るのやめたけど。
移動したとしても、地震雲自体が風で西から東に流されただけでは?

8:匿名2017年3月18日 14:06 | 返信

かねごん氏はよく見ると……
(@KanegonKyouso)カネゴン-今日・嘘

7:匿名2017年3月18日 06:20 | 返信

かねごん氏の写真のUFOは、車のヘッドライトのレンズゴーストですねw
画像の中心に対して、ライトとUFOが対称の位置にあるからねw

6:匿名2017年3月18日 01:52 | 返信

かねごん氏の写真UFO2機映ってね?

5:匿名2017年3月17日 23:40 | 返信

岐阜県の西南部に住んでるが、夕方に見えたわ、西の方に。
地震雲かと思ったので写真撮ったので、日付を見たら、12日の18時30分だった。
かなり暗かったが、他に雲が無いのに一本筋の雲だった。
方向から、滋賀県の琵琶湖の辺りかなと思った。

4:匿名2017年3月17日 22:03 | 返信

結局は、地震が起きてみないと、あれが地震雲だったなんて判らないんだよねw

3:匿名2017年3月17日 21:55 | 返信

偉そうなことを言っても百瀬くん、見分け方を知らないのか。

2:開花神道2017年3月17日 17:03 | 返信

何もないよ。

1:匿名2017年3月17日 10:57 | 返信

この怪しい地震雲が出る2日前に、尼崎方面でUFOみたいなのを見た。

何かあるかも。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。