>  >  > “眼科医の秘密結社”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 一説によれば、世界で最も有名な秘密結社であるフリーメイソンの発端は石工職人の互助組織であるといわれている。何かと取り沙汰されるフリーメイソンの起源をたどると同業者組合的な組織であったというのは興味深いのだが、その昔、“眼科医”にまつわる秘密結社があったことが指摘されている。


■18世紀に“眼科医の秘密結社”があった?

oculistconspiracy1.JPG
フリーメイソンのシンボルマーク 画像は「Wikipedia」より

 人類の歴史上最も有名な秘密結社フリーメイソンがあげられるのはトカナ読書にはご存じの通り。フリーメイソンの発端は中世の石工組合(ギルド)であるとされ、シンボルマークのひとつに、石工の道具であるコンパスと定規が描かれていることもよく知られている。そして実際に、近代まではフリーメイソンのメンバーには建築士が多かったといわれている。

 この“建築士の秘密結社”フリーメイソンと並んで、18世紀のヨーロッパ社会に極めて機密性の高い“眼科医の秘密結社”が存在していたことが判明している。

 しかしこれまで歴史上に眼科医の秘密結社があったという話を聞いたことがあるだろうか。どんなに秘密のヴェールに包まれていたにせよ、18世紀のヨーロッパでそれなりの影響力を持っていた組織が、まったく記録に残っていないなどということがあり得るのか? だがそれもそのはず、眼科医の秘密結社は、かつて解読が困難であった文書に記されていたのだ。


■18世紀中期の謎の文書「コピエール暗号」の解読に成功

 地中海のクレタ島南岸のファイストス宮殿遺跡の内部で発見された「ファイストスの円盤」に刻まれた文字や、1912年にイタリアで発見された古文書「ヴォイニッチ手稿」などと並び、専門家にも極めて解読が難しいとされた文書に「コピエール暗号(Copiale Cipher)」がある。

 コピエール暗号は旧東ドイツで発見された豪華な装丁で綴じ付けられた105ページ、7万5000文字からなる手書きの文書であり、18世紀中期に書かれたものだとされている。1ページ目に所有者の名前と思われる「Philipp(フィリップ)1866」という表記と、タイトル的に「Copiale3」という文字が記されていることから、コピエール暗号と名づけられた。

 問題なのは書かれている文字で、アルファベットと記号が組み合わされた文字で綴られた文章がいったい何語で書かれているのかまったく不明であり、当初は解読の糸口すらつかめない厄介な代物であったのだ。


oculistconspiracy2.JPG
「コピエール暗号(Copiale Cipher)」の16~17頁 画像は「Wikipedia」より

 しかし2011年に、南カリフォルニア大学のケビン・ナイト氏やスウェーデンのウプサラ大学の研究者らによる国際的な合同研究チームが、コンピュータを使った統計的な暗号解読技術を駆使して文書の一部の解読に成功した。

 研究チームは最初はどうしてもなじみのあるアルファベットの部分に注目して解読を試みていたのだが、残念ながら見当違いで、記号を使ったドイツ語であることを突き止めてから解読が進展した。最終的に同音換字暗号(Homophonic substitution cipher)であることがわかり、複雑な換え字のパターンを統計学的手法で解析して解読に漕ぎつけたのだ。ではそこに何か書かれてあったのか?

コメント

1:匿名2017年5月15日 15:13 | 返信

眉毛抜かれるの地味に痛そう…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。