>  >  > 20億年前の「古代原子炉」がアフリカに存在した!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
【衝撃】20億年前の「古代原子炉」がアフリカに存在した! ノーベル賞科学者も証言「人工物としか思えない」の画像1
画像は「Disclose.tv」より引用


 20億年前のアフリカに最新の核反応炉が存在したかもしれないという驚きの情報が舞い込んできた。にわかに信じがたい話だが、そうとしか考えられない決定的な証拠もあり、何十年にも渡り科学者を悩ませ続けているという。


■20億年前に建造された古代原子炉!?

【衝撃】20億年前の「古代原子炉」がアフリカに存在した! ノーベル賞科学者も証言「人工物としか思えない」の画像2
ガボン共和国「Disclose.tv」より引用

 今から45年前、フランスのウラン濃縮施設が、アフリカ・ガボン共和国オートオゴウェ州オクロにある鉱山から採掘されたウラン鉱石を分析したところ、科学者でも頭を抱える異常が発見された。未使用であるにも拘らず、輸入された時点ですでにウラン同位体が大幅に減少していたというのだ。これに困惑した科学者らは、直接ガボンに趣き、鉱山から手つかずのウラン鉱石を採取・分析したが、同じくウラン同位体が著しく少なかったという。

 この事実は科学界を震撼させた。というのも、原因として考えられるのは「自然説」と「人工説」であるが、どうもウラン同位体が自然にこれほど減少することは科学的にあり得ないことのようだ。となると、約20億年前に形成されたはずのこの鉱山は、実は「古代原子炉」だったというとんでもない結論しか残っていない。

【衝撃】20億年前の「古代原子炉」がアフリカに存在した! ノーベル賞科学者も証言「人工物としか思えない」の画像3
画像は「Disclose.tv」より引用

 科学者らはこの結論を受け入れることはできず、歴史学者も巻き込み、あらゆる角度から調査が続けられた。一部の科学者は、自然条件でウラン同位体が大幅に減少することもあり得ると頑なに主張したが、大きな反論に曝される。フランス人物理学者フランシス・ペラン氏によると、オクロで採掘された鉱石のウラン同位体比は、現代の原発で使用された核廃棄物と同レベルであり、このような現象が自然界で起こることはまずないそうだ。

コメント

6:匿名2017年7月13日 21:53 | 返信

きちんと説明したテキストを掲載しない運営。実にベネ。ただの自然現象だからね。詳しくはググれば出てくるよ。

5:匿名2017年7月13日 21:51 | 返信

ネタがなくなってきたのはわかるけど、これ単なる自然現象だからね。20億年前は核分裂能を持つウラン235の同位体比率が高かったんだ。天然の鉱床でさえ、ウラン235は3%の比率で混じってた。これ、現在の核燃料と変わらんからね。だから地下水脈から水が浸潤して、中性子を反射するだけで自発核分裂を起こせたの。オクロの天然原子炉が発見される1972年よりも16年も前に、日本人の地球化学者・黒田和夫が予想していたんだわ。

4:匿名2017年7月13日 20:07 | 返信

20億年も前の超高度文明であれば、ウランを使った核分裂など使わずに水素原子の常温核融合を使うのが常識なので、これは明らかに人工的なものではなく天然物だと思います。

3:匿名2017年7月13日 20:04 | 返信

20億年も前の超高度文明であれば、ウランを使った核分裂など使わずに水素原子を使った常温核融合を使うのが常識なので、これは明らかに人工的なものではなく天然物だと思います。

2:匿名2017年7月13日 19:53 | 返信

やはり、現在常識とされてる全ての時間節は間違いで宇宙全体が、始まりもなく終わりもなく
地球上でもいまの文明が最初ではなく、何十回も繰り返されてきたのだな。
放射性炭素測定も過去に人工的な核爆発があれば年代などんからなくなってしまうというし。

1:匿名2017年7月13日 19:53 | 返信

原子炉というなら、制御棒とかはあるの?w

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。