>  > 【心霊写真多数】漫画家・森園みるくが激白、村崎百郎刺殺事件の真実!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
Mrzn_6.jpg
森園みるく氏(撮影:編集部)

 トカナ読者であれば、サブカル界の伝説的「鬼畜系・電波系ライター」こと村崎百郎の名前を覚えているに違いない。1995年のデビュー以降、村崎氏は「すかしきった日本の文化を下品のどん底に叩き堕とす」ためと称し“卑怯&卑劣”をモットーとした作品を次々と書き上げ、世紀末の鬼畜・悪趣味ブームを生み出した。2010年に精神異常者に刺殺されるまで、彼が「ゴミ漁り」をライフワークとしていた逸話はあまりにも有名だ。そんな男の妻であり、公私におけるパートナーこそ、「レディコミ界の女王」の異名を取る超大物漫画家・森園みるく氏である(念のため、現在の森園氏はゴミ漁りをしていない)。

Mrzn_8.jpg
私の夫はある日突然殺された

 精力的な創作活動を続ける森園氏だが、今年「めちゃコミック」をはじめとする電子書籍サイトより配信が開始した漫画『私の夫はある日突然殺された』が各方面で話題沸騰中だ。村崎氏の死に関する実録エッセイである同書によると、彼は生まれつき“電波”を受信する特異な霊体質だったが、小学5年生の夏休みに海で溺れかけた際に宇宙の始まりを目撃し、その神秘体験を通して身体に侵入した何者かのメッセージを受け取り始めた。この“何者か”こそ、鬼畜活動に邁進する使命を授けた存在なのだという。そして、なんと村崎氏は、自身の死さえ予知していたというのだ! 事の真相に迫るため、筆者は森園みるく氏にインタビューを敢行した。そこで明らかになった怒涛の“霊感エピソード”とは――!?


■予知通りに訪れた死

――森園先生、よろしくお願いいたします。早速ですが、村崎さんは本当に死を予知していたのですか?

Mrzn_7.jpg
森園みるく氏(撮影:編集部)

森園みるく氏(以下、森園)  主人は、殺された年に何度か「俺は精神病者に殺されるから、ごめんね」と言っていましたね。そして、「世界は終わるが、それは俺にとっての世界で、他の人にとっての世界は終わらない」と謎めいたことも……。特に脅迫状がきたり、前兆があった訳ではないのだけど、予知通りに2010年7月23日に、私が食事に出掛けている間に殺されたんです()。しかも、主人が最後に仕事で使っていたPCがありまして、そこには<ミズの中からさざ波を立てて移動しながら浮かび上がる十字架のイエス像>という文章が残されていました。

――それは、まさか電波を受け取っていたということですか? 実際のところ、どの程度の霊感体質だったのでしょう?

森園  他人の妄想や悪意を電波で受け取っていたようです。だから日頃から「もらわないように」と外出する時はいつもマスクをつけて、メディアに出る時は紫色や黒の仮面(片目部分に穴が開いている)を被っていましたね。


村崎氏は、読者を名乗る32歳の男に自宅で48カ所を刺された。容疑者は自ら警察に通報して逮捕されたが、精神鑑定の結果「統合失調症」と診断され不起訴となった。

マンガ家 森園みるくの官能とエロス

マンガ家 森園みるくの官能とエロス

巨匠渾身の写真&イラスト集!

コメント

1:匿名2017年9月29日 21:00 | 返信

この記事を見ているみなさん!写真を撮る時はフードや黒紙でハレギリをしましょうね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。