• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 直近の睡眠で見た夢を覚えているだろうか。覚えていてもいなくても、睡眠中には何らかの夢は必ず見ているといわれている。こんなにも身近な現象である我々の夢だが、21世紀の今日を迎えてもいまだに科学者にとって“超難問”のひとつだという――。


■サイエンスで“夢”を解明できるのか?

 古代ギリシアと古代ローマでは夢は神聖な存在からのメッセージを運ぶ媒体であり、古代中国では夢は死者たちの世界であった。また古代エジプト人は夢の導きに従う者は成功すると信じられ、ネイティブアメリカンとマヤ人の間では、夢は“パラレルワールド”であると考えられてきたという。

 古来から夢は我々にとって重要な現象であると考えられてきたのだが、そのメカニズムと意味するものはいまだに謎だらけだ。ともあれいくつかの印象的な夢はまるで“もうひとつの世界”であるかのようなリアリティを伴った内容であることは否めないだろう。まさにバーチャルリアリティーともいえるビジュアルとサウンドに加えて触感や匂い、場合によっては味までもが夢の世界で体験できる。夢が人間にとって“もうひとつの世界”でありパラレルワールドであると考えるのはもっともなことかもしれない。

dreamuniverse1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 ではサイエンスの側から見た場合、いったい夢とはどんな現象なのか? オルタナティブメディア「Disclose.tv」などの記事によれば、1920年代から一部の科学者が夢を科学的に解明する試みを行ってきたという。その取り組みの中で夢の発生源の物質として核粒子(nuclear particles)という概念も生まれたのだが、後になってこの核粒子の存在は現実の世界では不可能であることが明らかになった。そこで近年では科学者たちは夢の問題を従来の標準的物理学の世界で扱うことを諦め、量子力学などの理論物理学の分野に属する問題へとシフトさせているという。

 そして夢がそうした分野に属する問題であるならば、逆にいろんな可能性が開けてくることにもなるのだ。

コメント

4:匿名2018年3月19日 16:36 | 返信

>肉体は現実Aにありながら意識は現実Bにあるという2つの状態が共存した量子的重ね合わせの状態

もう一回、量子力学の基本を勉強し直した方がいいですね。まったく重なってないし、量子力学で言われるところの「重なりの意味」を履き違えていると思います。

>そこにいる“自分”は過去に別の選択をしたり、確率的に過去に起こり得た出来事に巻き込まれたりした自分であるとすれば、おそらくそこにはさまざまなヒントや気づきが隠されているだろう。

パラレルワールドについても、もう一度、勉強し直した方が良いと思います。夢の中の自分は別の選択をした結果? 夢の舞台がファンタジーの世界の場合、どう説明するのですか?笑

トカナさんは好きですけど、中二病こじらせた妄想で終わらないように、ちゃんと勉強してから仮説を立ててください。詳しい人からすると矛盾も目立つし完全に間違っているのが分かります。

3:匿名2018年3月18日 16:05 | 返信

社会人になってるのに
学校に遅刻するぅ~って 延々と走ったり 
どんなに走っても電車やバスにたどり着けない
やっと学校にたどり着いても 学校が休みw
こんな夢(パラレルワールド)なんか 見たくもないわい

2:匿名2017年12月 5日 18:20 | 返信

しんじ、毎度自分が書いた記事を客観的冷静に読み返した事ないだろ

1:匿名2017年12月 5日 11:39 | 返信

あ~、同じような事考えたコトあるわw

夢って時々支離滅裂な時があるじゃない?w
例えば、夢の中で車を運転していると思ったら、次のシーンでは電車に乗ってるとかねw
こういうコトから、夢って自分のパラレルワールドが切り替わりながら見えてるのかも?

ってねw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。