• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
海で死んだはずの女が帰ってきたリアル浦島太郎事件発生! 1年半前と同じ服、同じ場所で…  インドネシア全土が震撼!の画像1
画像は「Tribun Jatim」より引用

 複数のインドネシアメディアが驚愕のニュースを報じている。なんと、1年半前に波にさらわれ消えた女性が、当時と同じ衣服を身につけた状態で浜辺に倒れているところを発見されたというのだ!

 インドネシア紙「Tribun Jatim」(7月3日付)によると、発見されたのは、インドネシア西ジャワ州に住むニニン・スナルシさん(53)。スナルシさんは、2017年1月8日、地元のCitepusビーチで遊んでいたところ、突如発生した巨大な波に飲まれ行方不明になっていたという。事件から一週間後に腐乱死体が浜辺に打ち上げられたが、母斑からDNAまでスナルシさんとは異なる別人であると判明、その後スナルシさんの生存は絶望的と判断され捜索も打ち切られた。

海で死んだはずの女が帰ってきたリアル浦島太郎事件発生! 1年半前と同じ服、同じ場所で…  インドネシア全土が震撼!の画像2
画像は「Oddity Central」より引用

 だが今年6月、スナルシさんの叔父が不思議な夢を見る。夢の中には行方不明になったスナルシさんが現れ、自身が波にさら
われた浜辺からほど近いPalabuhanratuのビーチに自分を探しに来るように言ったというのだ。最初、叔父は夢のことをさほど気にかけていなかったが、その後も同じ夢が続いたため、家族に打ち明けたそうだ。

 そして、6月30日に家族とともに指定されたビーチへ行き捜索を開始。夜通しで探し回り、遂に明朝4時ごろ、砂に覆われ意識を失ったスナルシさんを発見したという。

関連キーワード

コメント

4:匿名2018年7月 8日 17:55 | 返信

警察の捜索の結果、女性はそもそも波にさらわれておらず行方不明にすらなっていないという疑惑が浮上した。今回の事件は女性の借金問題から逃げるためのシナリオではないかと警察は推測。

溺れたと思われたニニンさんの弟は「ニニンは実際は溺れていない」と証言。弟はとある人物のアドバイスによりビーチで溺れて行方不明になったかのように演出したという。

ほらな?w

3:匿名2018年7月 7日 10:44 | 返信

日本のあるミステリー小説に同じネタがあったね。
犯罪を隠蔽するために海難事故を装って……というネタだったよ。
そういう女性かもよ?

2:匿名2018年7月 5日 19:01 | 返信

サイゾーもこんなくだらんフェイクサイトをつくって大丈夫か?

1:匿名2018年7月 5日 12:51 | 返信

スナルシとかいうのが波にさらわれたフリして家出しただけだろ。
外出て金とかで苦労して叔父に相談、叔父が同情して家に戻れるよう二人で口裏合わせてるだけの話。
未発達の国なら「不思議な話」ですむからな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。