リトアニアの「ミイラ医療」の実態 ― 200体のミイラが自ら検診にやってくる“死の部屋”で行われていること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リトアニアの「ミイラ医療」の実態 ― 200体のミイラが自ら検診にやってくる“死の部屋”で行われていること
 リトアニアの首都ヴィリニュスにある聖心ドミニコ教会は、町一番の壮麗なローマ・カトリック教会として名高い。しかし、その美しい姿とは裏腹に、地下室には変わり果てた異形が安置されているのを知る者は少ない――。■教会の地下室に眠るミイラ「すごく保存状態がいいので、まるで生きてるみたいです」と話すのは、イタリアの人類学者ダリオ・ピオンビーノ=マスカリ博士。彼は2011年からミイラ研究に没頭してい...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら