旅客機がUFOとニアミス! 機長が証言した未知との遭遇の一部始終

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

 この年末年始を海外で過ごした人も多いことだろう。しかしあなたの快適な空の旅は、未知なる存在に最も接近した時間であったかもしれない、という話題を紹介しよう。今月5日、英国の複数のメディアが一斉に報じたところによると、なんとUFOとニアミスを起こしたと語る旅客機のパイロットがいるようだ。

 実のところ機長は、この件を昨年の7月中に報告していたが、その後、民間航空局のUK Airprox Board(ニアミス調査会)で内容が精査され、結論がようやく今年になって発表されたというわけだ(航空会社名や便名は公表されていない)。そして明らかになった経緯とは以下のようなものだった。

ufo.jpg画像は、「Daily Mail」より

 昨年7月19日午後6時30分ごろ、エアバスA320型機はロンドンのヒースロー空港から西に20kmほどの地点、バークシャー地方の上空を、高度34,000フィート(約10km)で飛行していた。するとその時、コックピットの機長は、機体の左前方から同じ高度でこちらをめがけて飛行してくる不思議な物体に気付く。その物体は、葉巻かラグビーボールのような形をしており、銀色で金属製にみえたという。

 謎の飛行物体は、驚異的な速さでどんどんA320に接近してきたため、機長の脳裏には衝突の不安が走った。そこで機長がとっさに取った行動は、右前方に向けて機体の高度を下げることだった。そのあまりに突然の出来事に、副操縦士に警告を出す時間すらなかったようだ。

 直後に飛行物体はA320のコックピットの上空スレスレの位置を通り過ぎた。機転を利かせた判断によって、寸前のところで何とか空中衝突の危機を回避した機長は、「今のを見たか!?」と副操縦士に確認するが、副操縦士の反応は「いったい何がです?」というものだったという。

 続けて機長は航空管制室にも連絡するが、当時A320の周辺を別の旅客機が飛行していた記録はどこにもなかった。しかし機長自身は、機体からわずか数フィート(1フィート=30.48cm)のところを過ぎていく謎の飛行物体を、はっきりと認識していた。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年2月23日 23:11 | 返信

こんな目撃談は過去にもあるだろう。
まず宇宙人が公に、姿を現すのを避けるのは地球上の法律では不法侵入罪であり、戦争を望んでおらず、無益な争いを避ける事にある。(もちろん地球人のあらゆる武力では適わない)彼らの文明は格段に発達してると同時に知的水準が高く地球人より先を見越した大変合理的な行動形態を認識すべき。公式コンタクトを避けるのは人間と猿の違い程の差がある為、遅れた常識を逸脱した進歩的な会話に合わして来れず、地球人の精神構造が悪化し、各自の人生が悪化する危険があり狂わすからである。というのは地球人は今だに経験でしか真理を悟らない人が殆んどであるからだ。尊敬できる優等生から相手にされない劣等生の心境のようなものだから哀れで悲しい現実だ。

1:匿名 2016年1月25日 20:28 | 返信

副機長が視認していないなら、機長が見た幻覚だと思うけどな。

ストレスによる一時的なものか、精神的な疾病によるものかワカリマセンが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。