旅客機がUFOとニアミス? 機長が証言した未知との遭遇の一部始終

 この年末年始を海外で過ごした人も多いことだろう。しかしあなたの快適な空の旅は、未知なる存在に最も接近した時間であったかもしれない、という話題を紹介しよう。今月5日、英国の複数のメディアが一斉に報じたところによると、なんとUFOとニアミスを起こしたと語る旅客機のパイロットがいるようだ。

 実のところ機長は、この件を昨年の7月中に報告していたが、その後、民間航空局のUK Airprox Board(ニアミス調査会)で内容が精査され、結論がようやく今年になって発表されたというわけだ(航空会社名や便名は公表されていない)。そして明らかになった経緯とは以下のようなものだった。

旅客機がUFOとニアミス? 機長が証言した未知との遭遇の一部始終の画像1画像は、「Daily Mail」より

 昨年7月19日午後6時30分ごろ、エアバスA320型機はロンドンのヒースロー空港から西に20kmほどの地点、バークシャー地方の上空を、高度34,000フィート(約10km)で飛行していた。するとその時、コックピットの機長は、機体の左前方から同じ高度でこちらをめがけて飛行してくる不思議な物体に気付く。その物体は、葉巻かラグビーボールのような形をしており、銀色で金属製にみえたという。

 謎の飛行物体は、驚異的な速さでどんどんA320に接近してきたため、機長の脳裏には衝突の不安が走った。そこで機長がとっさに取った行動は、右前方に向けて機体の高度を下げることだった。そのあまりに突然の出来事に、副操縦士に警告を出す時間すらなかったようだ。

 直後に飛行物体はA320のコックピットの上空スレスレの位置を通り過ぎた。機転を利かせた判断によって、寸前のところで何とか空中衝突の危機を回避した機長は、「今のを見たか!?」と副操縦士に確認するが、副操縦士の反応は「いったい何がです?」というものだったという。

 続けて機長は航空管制室にも連絡するが、当時A320の周辺を別の旅客機が飛行していた記録はどこにもなかった。しかし機長自身は、機体からわずか数フィート(1フィート=30.48cm)のところを過ぎていく謎の飛行物体を、はっきりと認識していた。

関連キーワード:, ,

関連記事

    人気連載

    danger
    イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

    イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

    ※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

    2024.02.27 08:00奇妙
    青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

    青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

    【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

    2024.02.07 08:00科学
    【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

    【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

    本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

    2024.02.06 08:00科学
    九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

    九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

    ※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

    2023.12.30 08:00奇妙
    “神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

    “神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

    不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

    2024.05.20 18:00スピリチュアル

    旅客機がUFOとニアミス? 機長が証言した未知との遭遇の一部始終のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

    トカナ TOCANA公式チャンネル

    人気記事ランキング更新