“食えるものなら何でも食う”驚怖の侵略生物が日本を襲う!! 「アルゼンチンアリ」が生態系を破壊、経済に大打撃!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 今までのところ、こんな被害を受けずに済んでいる我が身の幸運に感謝するばかりだが、これからどうなるかは分からない。アルゼンチンアリが作る行列は、普通のアリが2、3列並ぶような可愛いものではない。彼らは広く帯状に、そして高速で行列を作って食料を運搬する。その様子は「黒いベルト」にも喩えられるほどで、「帰宅したら室内に絨毯のようにアリがいた」という証言さえあるのだ。虫嫌いであれば、その様子を一目見ただけで失神モノだろう。

アルゼンチンアリの移動「YouTube」より


 アルゼンチンアリの侵入を一度許してしまったら最後、計画的かつ集中的に侵入区域の防除をおこなわなければ、撃退するのは難しいとされる(今のところ彼らには天敵らしい天敵もいない)。被害の縮小を図るためには、行政と研究者、それから一般の市民が協力して、今後も対策に当たっていく必要がある。本書は、そのような活動の参考となる実学的知識と、アルゼンチンアリの驚くべき生態に関する享楽的知識の両方が味わえる、興味深い研究書なのだ。
(文=カエターノ・武野・コインブラ)


★本のデータ
アルゼンチンアリ: 史上最強の侵略的外来種 [単行本]』(東京大学出版会)

■カエターノ・武野・コインブラ
会社員。日本のインターネット黎明期より日記サイト・ブログを運営し、とくに有名になることなく、現職(営業系)。本業では、自社商品の販売促進や販売データ分析に従事している。女子の素直な“ウラの欲望”に迫った本音情報サイト【messy】では「恋愛コンサル男子」を連載中。

※【教養としての神秘主義】まとめ読みはコチラ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。