【骨は語る】 ネアンデルタール人は我が子を切断して食べていた!?

関連キーワード:

,

,

■切り取り、叩きつけ、粉々に打ち砕く――共喰いのため?

 だが、この「儀式説」と並行して浮上しているのが「食用説」だ。ガラード教授は研究途中で確実なことは言えないとした上で「ネアンデルタール人には『食人文化』があったのでは」と推論している。前出の子どもの骨には、死後に大腿骨を故意にへし折るべく何度も強打したと思わしき、激しい外傷があり、単純に亡くなった子どもを弔うにしては、やり過ぎ感がぬぐえない。むしろ「死亡したからには、たとえ我が子でも食糧に」と、貴重な肉を食べやすくするための“ひと工夫”と考えると妙に納得がいく。

 とはいえ、遺骸に肉食動物の歯形が残っていないため、ネアンデルタール人が「人の肉を食べた」かどうかの決定的証拠は現在まで見つかっていない。

 ちなみに、「Mirror」では、「ネアンデルタール人は人喰い人種だったか?」というネット投票で行われ、この質問に対し74%の人がYESと答えている。

 自分たちの食糧にするため、生きている我が子を殺したわけではないにしても、ネアンデルタール人が、遺体の切り出しをしたことは間違いないようだ。野卑だが純朴というイメージの強いネアンデルタール人ではあるが、思いがけず禍々しい一面を垣間見た気がして、改めて古代史の闇の深さを感じてしまう。
(文=佐藤Kay)

参考:「Daily Mail」、「Mirror」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

【骨は語る】 ネアンデルタール人は我が子を切断して食べていた!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル