【指を壊死させて切断】究極の身体改造「アンピュテーション」に挑む女―インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6


■“アンピュテーション”をするきっかけは!?

ーーまず、指を切断しようと思ったきっかけはなんだったのですか?

「身体改造のことを熱心に調べている時に“アンピュテーション”というものを知って、衝撃を受けたんですね。最初はそれをできるものとして考えてはいませんでしたが、ただただ“凄いな”と」

ーー憧れのような感情ですか?

「そうですね。自分が生まれてからずっとくっついていたものが離れるということがすごいと思ったし、それを客観的に見るということもすごいと思いました。そして、いろんな改造をやっていくうちに“やってみたい”と思うようになっていったんですけど、なかなか現実的には難しくて、施術をしてくれる人もいないし……ましてや自分でそれができるとは思わなかった。当然医者にも言えないですし」

 海外のアンピュテーションの実践者の話では、事故を装って自ら切断しても、医者によって無事に縫合、再生されてしまうケースが多いとされる。

ーー医者に行くと、ほとんどの場合は治せてしまいますからね。

「そうですね。だから、“やりたい”ってことを身体改造の仲間内で発言していました」

ーー僕の印象ですと、海外のアンピュテーションは手首を切っている人が多いイメージなんですが。

「海外の方はそうですね。”まず指を落として練習して、手首にいく”っていう話も聞いたことがあります」

ーーそういうものなんですか(笑)。

「私の場合、やっぱり手首を切るのは無理だと思いました。願望は手首とか肩口あたりからバスッといきたいんですけど、それは無理なので、指かなあと」

ーー指の切断は、日本社会では任侠的な意味合いがありますよね。

「私の場合全身にスミ(タトゥー)を入れているので、今さら気にしてないです(笑)」

ーーでは、実際にアンピュテーションを自分でできると思うようになったのはいつ頃なんですか?

「やっぱり変なサイトを見ているうちに、“四肢切断願望”の記事を見つけたんです」

x51.jpg画像は「X51.ORG」から

ーーああ、『X51.org』の記事ですね。

「その記事にバケツにドライアイスとおがくずを入れて、そこに足を浸けて壊死させて、医者に切ってもらった人の記事があったんです。ただ、普通に考えてドライアイスになんか足を浸けられるわけがないと思ったんです。なんらかのやり方で、痛みを感じない状態にしないと無理だと思いました。でも、日本だと手に入らないから、自分で麻酔打つなんて無理じゃないですか。だからそれも現実的じゃないなと思って。だからその次に、“事故で指を挟んじゃった人たち”の記事を読み始めました」

コメント

6:匿名 2018年1月7日 09:54 | 返信

身体改造してて"嬢"とか呼んでるから、ドールみたいな美女を想像してたわw
一部写真でもわかる、お肌の曲がり角を30年は過ぎたような汚肌のブ○
本人どういうつもりか知らんけど、傍目は騒音オバサン並に醜悪だよ
顔の写真は汚いんでモザイクかけとけ(手の写真は別にいいけど)

5:匿名 2016年10月24日 23:47 | 返信

ここまでやってるのに頬の傷があの程度で終わってるの残念ですね
かさぶたが出来たら剥がす、かさぶたが出来たら剥がすって
繰り返してると傷の部分が白くなって綺麗に残りますよ

4:匿名 2016年4月8日 13:48 | 返信

私も脚を落としてみたいなぁ

3:匿名 2016年3月16日 03:59 | 返信

キチガイ

2:匿名 2015年6月7日 08:37 | 返信

足の小指落として人体改造なんて(笑)
ショッカーて凄かったんだな

1:匿名 2015年6月2日 16:36 | 返信

こういう話題は本人の生い立ちも載せないと完結しないよな。
読者の関心はそこなんだから。3

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?