“ひ弱なサル”の近親交配が人類を生んだ?科学者「障がいや奇形こそ進化に重要な役割」

 優勝劣敗、適者生存、弱肉強食……。生物進化の頂点にある人間は、苛酷なサバイバルレースを勝ち抜いた最も優秀な遺伝子をもった種であるといえるが、決して“強い”種ではなかったという学説が注目を浴びている。古代の原人は虚弱で、仲間の協力がなければ生きていけなかったからこそ、今日の人類に進化できたというのだ。


■障がいや奇形の多い“ひ弱なサル”が我々の祖先!?

ひ弱なサルの近親交配が人類を生んだ?科学者「障がいや奇形こそ進化に重要な役割」の画像1画像は「Wikimedia Commons」より

 先頃、人類学系の学術論文サイト「Internet Archaeology」で発表された論文は、これまでの定説である現代総合説進化論(Modern Synthesis)に異を唱えるものになるとして話題を呼んでいる。この論文によれば、我々の祖先となる類人猿は“ひ弱なサル”だったと主張している。

 現在、生物の進化を説明するうえで定説となっているのが、ダーウィンの進化論を修正していくつかの学説を“総合”して組み立てられた「現代総合説進化論」だが、今これが人類学・社会学・古生物学・生態学・遺伝学といった幅広い学問の観点から疑問を投げかけられているという。なぜならば、さらに“総合”する要素が増えたからだ。

「適者生存」の“適者”は、必ずしも肉体的に強くて生殖能力の高い英雄的存在ばかりということではなく、人間の持つ言語能力や抽象思考能力、同情心や利他心の共有という特徴を鑑みれば、種としての試行錯誤のうちに新たな環境適応力を獲得した遺伝的に貧弱な“ひ弱なサル”のグループも含まれているというのだ。そして、進化論上に新たに現れたこの“ひ弱なサル”が最も密接に我々人類に関係しているという。

 さらにこの論文を紹介した「Daily Mail」の記事によれば、この“ひ弱なサル”から時折生まれてくる障がい児や奇形児が進化の重要な役割を担っていたことが指摘されているのだ。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

“ひ弱なサル”の近親交配が人類を生んだ?科学者「障がいや奇形こそ進化に重要な役割」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング11:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル