「落書きの家」― 家の壁面に書かれた怪文書

関連キーワード:

,

,

,

「落書きの家」― 家の壁面に書かれた怪文書の画像1

 埼玉県某所にある「落書きの家」。別名「バキの家」(編注:『グラップラー刃牙』シリーズの主人公・範馬刃牙の自宅も落書きだらけのため)とも呼ばれるこの家は、その独特な佇まいから、これまでも多くの好事家によって注目され続けてきた。だが、この家の四方に展開されている謎のテキスト類そのものについては、深く掘り下げられたことはあまりなかった。そこで今回は、この家の壁面全体に書き殴られたひとつ一つの怪文書に着目、改めてその闇を読み解くことにしたいと思う。なお、今回ご紹介する画像は今から数年前に撮影したものであるため、現在は何らかの変化が生じている可能性も否定できない。まずはそのことについて、付記しておく。

 さて、まずは屋敷の背面左側の壁に注目してみよう。それぞれの文字は別として、まず目を引くのが、パトカーの塗装よろしく、その壁面がいわゆる「パンダ」のように塗り分けられている点だ。もともと白かったものを黒に塗ったのか、また、その逆なのかは定かでなく、そのことにどのような意味があるのかすら、我々は知る術もない。だが、きっと家主にとっては、何らかの意味が込められたものであると考えられる。

「落書きの家」― 家の壁面に書かれた怪文書の画像2

 なお、この面に記されている文字のうち、目立つところとしては「右脳切断で両目左側半盲 失った大型免・二輪・乗れないナナハン」という文章。一応は文章として成立していることから、そのままで意味を理解するとすれば、「事故か何かで片目の光を失い、結果としてバイクに乗れなくなった」といったところだろうか。だが、仮に右脳を本当に「切断」したのならば、バイクはもとより、日常生活もおぼつかないハズ。こうした怪文書を書く余裕なぞは、おそらくないものと考えてしかるべきであろう。その点においては謎の残る一文だ。

 続いて背面右側へと回りこみ、屋敷の外からその中を覗き込んでみる。すると、そこには、

「なんとピッタリ 蓮田市からの請求額206万強10月に 二年遅れ 年金2,230,151円 所得税 167,255 2月15日 支給額 206万2896円 差引0円 ごろ合わせ年間110万 借家か 住み続け」

「気付かぬうちに丸見えの風呂 脱衣所の作り方 今は浅草の蛇骨湯 天然温泉の」

「落書きの家」― 家の壁面に書かれた怪文書の画像3

 と、大きく分けてふたつの内容が記載されていることに気づく。「なんとピッタリ」という通販番組のセールストーク顔負けの実にキャッチーなフレーズで始まるひとつめは、自治体から支払われる年金と所得税に関するもの。もうひとつは風呂に関するものだ。

 ひとつめでは、おそらく家人が受け取った年金に関する何らかの不平・不満について訴求したかったのだと推測される。一般の会社勤めでもそうだが、いわゆる総支給額から税金などを引いた金額が支払われるというシステムを理解していなければ、たしかに「実際に支払われた金額に数字上の帳尻を合わせるために、税金の金額を決めている」と邪推するものなのかもしれない。

 なお、後半の「丸見えの風呂」については、たしかに江戸時代の「湯屋」などでは、そうしたサービスが存在していた時期もあるが、現在はマニア向けの風俗店やラブホテルなどでしか、そうのようなものは存在していないように思う。やはりこうしたタイプの屋敷に住む人間特有の、衆人環視に対する恐れのようなものを表現したのだろうか。

 次に屋敷の周囲に巡らされたブロック塀の内側に記された文字を確認してみる。

「落書きの家」― 家の壁面に書かれた怪文書のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル