ヘリコプター、潜水艦… 古代エジプトには近代兵器があった!? 異星から「進化した人種」が来訪していた可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■何度も上書きした末の偶然なのか

 だが、当然ながら(!?)一方で猛反発が起きている。懐疑派の人々はまず、ヘリコプター・ヒエログリフ以外の当時の文字史料に、飛行物体、もしくはタイムトラベルしてきた人物が全く出てこないことを指摘。当時の記録には多くの重要な行事や儀式が事細かに書き残されている点を挙げて、もし未来からの訪問客があったとしたならば、そんな重大イベントについて何も記されていないはずがないとバッサリ切り捨てている。

 そして、実のところ最終的に最も有力な説になっているのは「飛行物体その他に見えるものは全て偶然の賜物」というものだ。

 なんとも脱力してしまう説だが、専門家によればどうやら古代エジプト人は元々存在したヒエログリフに新たな王の名前などを書き換えて上書きすることが多々あったらしい。葬祭殿はセティ1世の生前には完成せず息子のラムセス2世に引き継がれているのだが、件の箇所にはそれぞれの代で異なる名前を刻んでおり、重なった部分が偶然にもヘリコプターなどに見えてしまっているというのである。

mortuarytempleofseti2.JPG画像は「Wikimedia Commons」より

 知ってしまうと夢が壊れてしまうが、まだまだ謎に包まれている古代エジプト文明だけに、中には本物のトンデモネタが混じっていることもあるのではないだろうか。
(文=Maria Rosa.S)


参考:「Express」、ほか

コメント

2:匿名 2016年3月31日 01:13 | 返信

世界中の様々なテレビや雑誌で「石板を再利用する際に石膏で埋めた部分が、長年の風化で溶け出した結果、ヒエログリフ文字が重なって見えている状態になった」と解説されているのに、まだこのネタやるのかw

1:匿名 2016年3月30日 18:48 | 返信

いくらなんでも周回遅れすぎのネタだわ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。