【実録】カリブ海最大の恐怖「バルバドスの動く棺桶」事件を現地調査、ついに謎が解けた! 衝撃の真実と黒人奴隷の悲しい歴史に震える!!

【実録】カリブ海最大の恐怖「バルバドスの動く棺桶」事件を現地調査、ついに謎が解けた! 衝撃の真実と黒人奴隷の悲しい歴史に震える!!の画像1バルバドスの海岸 写真提供:羽仁礼

 現在、中南米地域を放浪している筆者だが、カリブ海の島国・バルバドスに伝わる西インド諸島最大のミステリー「動く棺桶」の真実に迫るべく、実際に現地へと足を運ぶことになった。前編では、この「バルバドスの動く棺桶」の謎に満ちたストーリーについて紹介したが、今回はいよいよ現地での調査結果を報告することにしよう。

前編読んだら眠れなくなるほど恐い話 「バルバドスの動く棺桶」


■伝説と異なる内容を含む手記

 バルバドスに着くと、まず首都ブリッジタウン中心部にある国立図書館で関連資料を探してみた。すると『バルバドス博物館・歴史協会紀要』第19巻に、アルジャーノン・アスピナルなる人物が書いた「バルバドスの未解明ミステリー」という記事を発見した。

【実録】カリブ海最大の恐怖「バルバドスの動く棺桶」事件を現地調査、ついに謎が解けた! 衝撃の真実と黒人奴隷の悲しい歴史に震える!!の画像2事件を解説するパネル 写真提供:羽仁礼

 この記事には、棺桶が動くという謎を確かめるため、バルバドス総督とともに納骨所を調査したとされるネイサン・ルーカスが、1924年に残した証言記録の概要が紹介されていた。しかしその内容には、一般に伝わっているものと異なる点があったのだ。

 たとえば、棺桶の移動が確認されたのが1812年のドーカス・チェイスの葬儀と、1816年のサミュエル父子の納骨時、そしてバルバドス総督が納骨所を覗いた1820年の4回だけだった点。また、1820年より前に総督自身が内部を調査したとか、納骨所の入り口に押印したり、床に細かい砂を撒いたなどの記述も一切ない点。さらに1820年に総督が納骨所を覗いた際も、コンクリートをはがしたなどの記述はなく、単にゴミをどけて道を開いたとしか書かれていない点が挙げられる。

 一般に伝えられる内容とこの手記との違いを考慮すると、実際に起きた事件に尾ひれがつき、かなり誇張された内容で現代に伝わっている可能性が考えられる。いずれにしても、真相を探るには、やはり問題の納骨所を実際に訪れるしかないだろう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ