北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!

 北ヨーロッパの一国デンマークにある、10世紀に「ヴァイキング」と呼ばれる集団が暮らしていた遺跡から、長らく研究者の間で議論の対象となっていたある出土品について、3年ほど前に最終的な結論となる決定的な証拠が発掘されましたが(英紙「Daily Mail」2014年7月1日付)、このことがヴァイキングとミョルニル(トールハンマー)を理解する上で、重要な意味を持つことは一般にはあまり知られていません。

北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!の画像1トール「Wikipedia」より引用

 この議論とは「ヴァイキングの遺跡から数多く見つかっている、彼らが信仰していた北欧神話の神、トールの武器ミョルニル(トールハンマー)に似たアクセサリーは、果たしてミョルニルの模倣品なのか否か」というものです。

 画像は18世紀の写本に描かれているトールで、手に持っている金槌のようなものがミョルニルです。

北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!の画像2ミョルニル「Daily Mail」より引用
北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!の画像3ミョルニル「Daily Mail」より引用

 そして、このデンマークの遺跡から発掘されたミョルニルのアクセサリーのひとつに、ヴァイキングが使っていた古代文字「ルーン文字」で「Hmar x is」、英語訳で「This is a Hammer(これはハンマーだ)」と彫られていたのです。

 この発見によって「ヴァイキングの遺跡から出土する、ミョルニルのようなアクセサリーはハンマーを模したもの」、すなわち「彼らの信仰していた神トールの持っているハンマー、ミョルニルを模したもの」という結論に至り、議論に終止符が打たれました。

北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!の画像4ミョルニル「Wikipedia」より引用

 さて、こちらはデンマークのすぐ近く、スウェーデンのとある遺跡から出土した、「ミョルニルを模したアクセサリー」です。古代北欧の人々はお守りとしてこのアクセサリーを作っており、その習慣は現在まで伝わっています。

 写真を見比べて頂ければ一目瞭然。ほぼ同じ形をしており場所も近いのだから、ヴァイキングのアクセサリーもミョルニルを模したもの、と考えるのが自然ではないか、と思われるでしょう。

 ですが「長らく研究者の間で議論の対象となっていた」と先述した通り、歴史的な事情から、そう簡単に断定することができなかったのです。

■ヴァイキング――謎と誤解だらけの民族

北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!の画像5ヴァイキング「Wikipedia」より引用

 一般的に「ヴァイキング」という単語から想起される人物像と言えば、画像のような角の付いたヘルメットが特徴的な、斧を振るって戦う凶悪かつ野蛮で粗暴な海賊団、というものでしょう。ですが、これは映像作品などによる、間違ったステレオタイプです。

北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!の画像6ヴァイキング「Wikipedia」より引用

 実際の一般的なヴァイキングたちは、この絵の左側に描かれているような姿をしていました。鼻を守る突起の付いた金属製の兜を被り、鎖かたびらを着込み、槍や戦斧と共に大きな盾を持ち、指揮官らしき人物だけが上位兵士の証である剣を携えているという、むしろ西洋の騎士のイメージに近いものです。

 ただし、このような金属の防具を装備できたのは上位のヴァイキングのみで、下級兵士は動物の皮で作った鎧や兜を身に付けていたそうです。

 また「ヴァイキング=海賊、海の上の住人」というのも間違いです。彼らは確かに独特の船を操り、武力による略奪・侵略行為を行っていますが、元々のヴァイキングは諸外国との交易と商業を生業としていた集団です。ヴァイキングとその家族たちは陸上を拠点として暮らしており、農業も営んでいました。

 さらに、交易と同時に諸外国の技術や情報の収集・交換も行っていたためでしょう、ヴァイキングの持っていた地理学や航海術などの知識、製鉄などの工業技術は、彼らが特に活躍した8~10世紀のヨーロッパ諸国を凌駕するものでした。

 ヴァイキングの卓越した造船技術や航海技術、工業、軍事力を示す歴史的事実としては、8~10世紀という古い時代に、ヴァイキングらは北は北極海、南は地中海、東はカスピ海、西は遥か海の向こうにある北アメリカ大陸のニューファンドランド島にまで到達し、一部を植民地としています。

 ただしこれらの情報は、ヴァイキングの襲撃を受けた諸国の記録、遺跡の発掘調査、ヴァイキングの残した数少ない石碑や文献、叙事詩、口伝などから、研究者たちが導き出したものなのです。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

北欧神話最強の武器ミョルニルがデンマークで出土! 神話ヲタが徹底解説!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル