「地球には月が2つ以上ある」ことが最新研究で判明! 第二の月「ミニ・ムーン」発見へ

関連キーワード:

,

,

,

「地球には月が2つ以上ある」ことが最新研究で判明! 第二の月「ミニ・ムーン」発見への画像1画像は「Express」より引用

 地球の月といえば、誰もが夜空に白く輝く、球形の星のことを思い浮かべることだろう。そして、月が1つしか存在しないことにも即座に同意して頂けることだろう。だが、そんな常識を覆す驚きの事実が最新の研究により明らかになった。なんと、地球の周りに2つ以上の月が存在するというのだ!


■明らかになったミニ・ムーンの存在

 英紙「Express」(8月20日付)によると、この度、米・ハワイ大学の科学者らがスーパーコンピューターを用いて、1000万にも及ぶ地球近傍天体の動きをシミュレーションした結果、どんな時でも、少なくとも1つのミニ・ムーンが地球を周回していることが分かったという。

 通常、ミニ・ムーンは9カ月ほど地球の周回軌道を回り、その後は太陽を中心とした通常の周回軌道に戻っていくが、場合によっては何十年も地球を周回することもあるそうだ。パリ天文台のジェレミー・ボバイヨン氏によると、今回の計算は極めて大規模なもので、もし自宅のパソコンで同じ計算をしたら6年の歳月がかかるという。

「地球には月が2つ以上ある」ことが最新研究で判明! 第二の月「ミニ・ムーン」発見への画像2画像は「Express」より引用

 論文共著者のロバート・ジェディキ氏は、研究結果について次のように語っている。

「ミニ・ムーンは科学的に極めて興味深いものです。」(ジェディキ氏)
「いつかミニ・ムーンを地球に持ち帰り、低コストで46億年前の太陽系形成当時とほぼ変わらない物質サンプルを得ることができるようになるでしょう」(同)

 ミニ・ムーンなるものが存在するとは驚きであるが、具体的にはどんなものなのだろうか? ミニ・ムーンと言うぐらいだから、我々がよく知るあの月のミニチュア版のようなものなのだろうか?

人気連載
トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

トランプ大統領が「逆転」するシナリオは2つ! 勝つ確率はかなり高い、ナンシー・ペロシも…! ジェームズ斉藤解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

「地球には月が2つ以上ある」ことが最新研究で判明! 第二の月「ミニ・ムーン」発見へのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで