中国で“宇宙に穴が開くレベル”のスーパーレーザー(出力5300兆ワット)爆誕! 「真空の崩壊」を招いてガチ世界消滅の危機!

関連キーワード:

,

,

,

 中国・上海の実験室で世界一強力なレーザーが作られた。病気の治療、建築物の非破壊検査、次世代の粒子加速器の開発につながるといわれ、世界中で開発競争が進んでいる。だがその一方で、研究の進展が「真空の崩壊」を招く可能性もあるという。

■上海の新レーザー

 今月24日の英「Daily Star」によると、このたび世界最強のレーザーを作成したのは中国科学院と上海科技大学の合同研究チームだ。彼らの作った超短パルス・高強度レーザー実験装置SULF(Superintense Ultrafast Laser Facility)は、チャープパルス増幅法によって超短パルス・高ピーク出力レーザー光を実現、現在世界最高の5.3ペタワット(5300兆ワット)の出力を得たという。

中国で宇宙に穴が開くレベルのスーパーレーザー(出力5300兆ワット)爆誕! 「真空の崩壊」を招いてガチ世界消滅の危機!の画像1画像は「Daily Star」より引用

 装置はテーブルに乗るほどの大きさで、中にはフリスビーほどの大きさの、チタンで覆われたサファイアのディスクが入っている。このサファイアを光で照らし、鏡やレンズで増幅すると驚くほど超強力なレーザーが出力される。生じたパルスは1兆分の1秒という長短時間で消えてしまう。

 これだけでも大きな成果であるが、開発チームを率いる物理学者・李儒新(Ruxin Li)氏らの野心はまだまだ止まらない。彼らは今年100ペタワットのレーザーの構築に着手するという。だがそのような高出力レーザーは、物理学者たちを興奮させる一方で世界を崩壊させる危険性を含む、とある実験を可能にする。

■真空の崩壊

 古典力学において真空とは物質もエネルギーもない空間だが、量子力学においては最も低いエネルギー状態にあることを示す。宇宙が真の真空であるか、それとも見かけ上の準安定状態(偽の真空)なのかは今のところ不明である。だが、超高出力レーザーを使った高性能加速器があれば確かめることができるのだ。

 しかし、この実験には物理学者スティーブン・ホーキング氏をはじめ、多くの科学者から警告がなされている。もしもこの宇宙が偽の真空だった場合、実験により生じた真の真空が一瞬にして世界を崩壊させてしまう可能性があるというのだ。それが「真空の崩壊」である。

中国で宇宙に穴が開くレベルのスーパーレーザー(出力5300兆ワット)爆誕! 「真空の崩壊」を招いてガチ世界消滅の危機!の画像2画像は「Daily Star」より引用

 高出力レーザーを使った新型加速器の計画は中国やロシアで進行中であると伝えられるが、おそらく最初に実現させるのは中国だろうと言われている。技術の発展は基本的に喜ばしいものであるが、世界の消滅なんて真っ平ごめんである。

参考:「Daily Star」「Science」「Wikipedia」ほか

文=編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

中国で“宇宙に穴が開くレベル”のスーパーレーザー(出力5300兆ワット)爆誕! 「真空の崩壊」を招いてガチ世界消滅の危機!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル