【奇葬】ヤドカリ葬の島『ニャーデバナ』、現地民が絶対に近づかない奄美大島の聖地を取材! 「肉を吸い取る音が聞こえてきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

yadokari_04.jpg撮影=酒井透

 この男性は、島に伝わる伝聞を思い出しながら話をしてくれた。男性の家は、『ニャーデバナ』から車で20分くらい走ったところにある。この集落で『ヤドカリ葬』は行われていなかったので、そのことを知っていることを考えると、奄美大島でも稀有な葬法だったと考えることができる。

yadokari_06.jpg撮影=酒井透

『ニャーデバナ』は、ごく小さな岩礁だ。干潮のときには、誰でも歩いて渡ることができる。しかし、潮が満ちてくると、船を使わなければ渡ることはできない。そして、すっかり日が暮れて暗くなると、岩礁は、闇の中に閉ざされてしまう。どこからともなく岩礁に上がってきたヤドカリは、死者の遺体にまとわりついて、肉(肉汁)を吸い取るようにして体内に取り込んでいたことだろう。島には、「シャム、シャム、シャム……」という無数の音が聞こえてきたという伝聞もある。

yadokari_07.jpg撮影=酒井透

 最近、何も知らない観光客が『ニャーデバナ』で釣りをしていることもあるという。外海に面しているので、大物が釣れるということなのだ。しかし、奄美大島で暮らしている年配の人たちは、どんなご利益があったとしても『ニャーデバナ』に近づくことはないという。
(写真・文:酒井透)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。