【速報】ギザのピラミッド3つの部屋に「電磁波エネルギー」が集中していた! 原因は一切不明、科学者が新たな謎発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
画像は「Daily Mail」より引用

 エジプト第4王朝のクフ王が建造したと言われる「ギザの大ピラミッド」にまた1つ謎が加わった。この度、学術誌「Journal of Applied Physics」に掲載された論文で、ピラミッド内部に電磁波エネルギーが集中していたことが判明したというのだ!


■ピラミッドの3つの部屋に電磁波エネルギーが集中

 オンライン科学ニュース「Science Alert」(7月31日付)によると、同論文を執筆したロシア・サンクトペテルブルク情報技術・機械・光学大学の研究者らは、ピラミッドの物理的性質を調べるため、「ピラミッドに未知の部屋は存在しない」、「石灰岩が均等に積み上げられている」という前提の下、対象(ここではピラミッド)に反射され、吸収される電磁波を計測する減衰断面積と呼ばれる手法や、多重極解析という分析法を駆使し、極めて科学的な調査を行った。

 その結果、電磁波のエネルギーは、ピラミッド内部の3つの部屋に集中することが明らかになったという。これらの部屋は、ピラミッド中心のやや下に位置する王の間と女王の間、そしてその下にある地下室だ。

ピラミッドの内部構造「Wikipedia」より引用

 ピラミッド内部の最も重要な場所に高レベルの電磁波エネルギーが集まっている。まさか古代エジプト人は電磁波の性質を熟知していたとでも言うのだろうか……謎は深まる。しかし研究者らは、ピラミッドの謎にはあまり関心がないようで、今回の発見がより効率的なセンサーや太陽電池を開発するヒントになれば良いと考えているそうだ。ならば、こちらはこちらで、独自の考察を加えておこう。

人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

コメント

4:匿名 2018年8月2日 08:16 | 返信

タイラーのチャンネルからどんだけネタぱくれば気が済むの?
構成まで丸ぱくりはダメでしょ。

ちゃんと承諾もらってます?

3:安田の日本パスポートがVOID(笑) 2018年8月2日 02:19 | 返信

ピラミッドに何らかのエネルギーが満ちてるのは確かなんだろうねぇ、火星や月にもあるし。
円盤の管制的な役目があったんじゃなかった?

2:匿名 2018年8月2日 00:17 | 返信

どこの国のピラミッドだかは忘れたがそこでも電磁波が上から出てたようだし
ピラミッドは通信装置的なそういう機能なんじゃないのかな

1:匿名 2018年8月1日 22:21 | 返信

地下に巨大な宇宙船が眠っててエネルギー供給し続けてるんじゃないかな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。