「ネットは霊界と近い、電磁波は霊を呼ぶ」「インフルエンサーは現代の貴族」辛酸なめ子が“意識高い系”に警告! 小説『ヌルラン』出版記念取材

「ネットは霊界と近い、電磁波は霊を呼ぶ」「インフルエンサーは現代の貴族」辛酸なめ子が意識高い系に警告!  小説『ヌルラン』出版記念取材の画像1『ヌルラン』(太田出版)辛酸なめ子新刊! かなり笑えて、しかも感動。今の時代の流れが早すぎてちょっと疲れている人や、悩みがある人におすすめ(トカナ編集部)

 辛酸なめ子さんの書き下ろし小説『ヌルラン』(太田出版)が10月12日刊行され、話題を呼んでいる。同書はなめ子さんのオカルト・スピリチュアルな知識と現代のネット社会が抱える問題を融合させたまったく新しいミステリー小説だ。

<あらすじ>
『ヌルラン』は、人気ブロガーのレミが主人公だ。しかしレミは、インスタグラムの流行にすっかり乗り遅れて、仕事が減りつつあり、悩みの絶えない日々を送っていた。そんな時、ひょんなことからレミの守護霊はゲイのイルカ「ヌルラン」であることを知る。やがて、ヌルランはレミが困った時にさまざまな助言をしてくれるようになった。そんなヌルランとの不思議なやり取りをしながら、レミはスピリチュアルにハマったり、暗黒面に傾いたりしながら話を展開させていくが――。

 レミの周りには“IT系”の人々を中心に「スピリチュアル系女子仲間」「人気インスタグラマーで、10万人以上のフォロワーを誇る超一流インフルエンサー」「ユーチューバー」「陰謀論者」などアクの強い人物ばかりが登場し、リアルな会話を繰り広げるが、ゲイのイルカの「ヌルラン」も、実際になめ子さんに憑いていた守護霊が元になっている

 もともとイルカ好きであったなめ子さんだが、2011年にイルカのチャネラー”ドルフィニスト綾子さん・篤さんのセッションを受けて、自身にシリウスの近くの“イルカの星”に住んでいる「ヌルラン」という名前のベージュ色のゲイのイルカの守護霊が憑いていることを初めて知ったのだった。なめ子さんは、その体験から着想を得て、実体験などをもとに『ヌルラン』を執筆した。TOCANAではこのたび、なめ子さんに、オカルトやスピリチュアル感満載の直撃インタビューを敢行した。

「ネットは霊界と近い、電磁波は霊を呼ぶ」「インフルエンサーは現代の貴族」辛酸なめ子が意識高い系に警告!  小説『ヌルラン』出版記念取材の画像2辛酸なめ子さん


■インターネットは霊界

――『ヌルラン』とても面白かったです。主人公のレミはインスタグラマーでスピリチュアルにハマっていくという設定でしたが、スピリチュアルとインターネットには親和性があるのでしょうか?

なめ子 トカナさんもそうですが、インターネットは、情報を広めるのには便利なテクノロジーですよね。

 だからですかね、インターネットって、本当に半分霊界みたいな感じがするんですよ。現実と別次元の間みたいな場所で、そこにいろんな人の念が渦巻いていて、そこにはまっちゃっている人がいて……ということを考えると霊界に近いと思います。

 だって、実際にネットで怖い話のページを見ると、来ちゃったりする感じがあるじゃないですか。たとえばラップ音が鳴るとか奇妙な現象が起こりますし。なので、ネットの世界には、霊とかも住んでいるんじゃないかと思うんです。

――貞子もテレビから出てきますしね。

なめ子 そうですね。電磁波は霊を呼ぶという説もありますからね。


■危険な意識高い系の人たち

――意識高い系のインスタグラマーやユーチューバーに対するモヤモヤした感情がレミを通じてわかりやすく表現されていました。

なめ子 意識高い系の人の中にも、自分のすべてを見せる系の人がいますが、最近、ちょっと怖いなと感じたことがあったんです。

 早朝や深夜にインスタグラムをアップすると「#モニグラ」とか「#ヨルグラ」とか呼ばれているんですが、そこに勉強している様子をアップしている人がいるんですよ。きれいに書いたノートとか線を引いた参考書とかを画像にアップしている。インスタのキラキラ系のなかに、意識高い系が入ってきて「自分はこんなに勉強していてがんばっている」とアピールする人たちが増えてきているんです。

 ある程度はいいと思うんですが、それで誰かに圧力や威圧感を与えるというのがちょっと見ていて嫌というか。勉強していない人に焦りや劣等感を抱かせたりしているんじゃないかと……。

 はじめた頃は、「承認欲求」を満たしたり、「モチベーション」を高めることが目的だったとは思うんですが、習慣化していくと「自分に優越感を与える」ことが目的になっていくのかな…と危惧しています。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ