腰痛を治すため「自分の精液を1年半腕に注射」し続けた男! 腕パンパン、精液あふれ…医者驚愕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

0117sperm-3.jpg画像は「Getty Images」より引用

■精液は腰痛に効くのか?

 腰痛治療のために腕に精液を注射する――世界中には様々な民間療法が存在するが、これほど奇妙な治療法もそうはないだろう。診察した医師らもこの男性の行為にはさすがに度肝を抜かれたようで、前例がないか様々な医学文献を調べたそうだ。

 だが、1945年に発表された論文に、ヒトの精液をラットやウサギに注射する実験について書かれたものがあったが、今回のように“治療”として精液を注射していた例は見つからなかったという。また自殺目的、自傷行為の一環としてガソリンなどの異物を注射した例はあったというが、精液という例は見当たらなかったという。なお例外的ではあるが、精液によるアレルギーをテストするためにごく微量の精液を皮膚のすぐ下に注射することはあるという。

 当然のことながら、精液を注射しても腰痛は治らない。この匿名男性のように感染症を起こす可能性は高いし、また、訓練を受けていない非医療関係者による皮下注射は血管や組織を痛めてしまう原因にもなり、非常に危険な行為であることは言うまでもない。

 医師らは今回の症例をまとめ、アイルランドの医学誌「Irish Medical Journal」に投稿・発表した。世界でも唯一の精液注射による腰痛治療の一例として、この匿名男性の貴重な記録は医学史に刻まれたのである。

 医師をも困惑させた奇妙な“治療”、もちろん真似してはいけない。
(編集部)

参考:「Daily Mail」「Science Alert」「Irish Medical Journal」ほか

関連キーワード

コメント

3:トランプ大統領 2019年1月19日 05:38 | 返信

日本で流行ってる健康食品、サプリ、天然由来の云々と謳ってる商品のほとんどが果たしてどれ程の効果があるのか定かでない。にもかかわらずよほど儲けが大きいのか宣伝広告費は湯水のごとく、新聞ラジオテレビネットにと使って、洗脳染みた状態に。ウソも百回言えばの真実になるのと同様、飲めば効くような気もしてくるのだろう。勝手な思い込み療法もきっとバカげた健康医療ブームに背中を向けたアンチテーゼなのだろう。

2:匿名 2019年1月18日 20:37 | 返信

頭を切開して診てもらうべき。

1:匿名 2019年1月18日 20:18 | 返信

未認証の化粧品、小麦由来の化粧品、態々厚生省を敵に回す行いがオモロイ。自分は神なんだな、神なら念力で治すか、永遠の命あるだろう。遺伝子操作のトウモロコシはどうかな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。