「エイリアンマウスの赤ちゃん」がNZで発見される! これは一体なんなんだ…専門家も困惑

 ニュージーランドで「エイリアンマウス」の赤ちゃんが発見されたとして大きな話題になっている。

 英紙「Daily Mail」(2月6日付)によると、ニュージーランドに住むティム・クラークさんは、実家の台所で蠢く恐ろしいクリーチャーを発見。その姿から仮に「エイリアンマウス」と呼ばれているが、専門家もその正体を特定するには至っていない。

 全長1cmほどの角張った胴体に2cmほどの細長い尻尾がついている。ピクピクと尻尾が動く様子が不気味だ。グレーの体毛や細長い尻尾からネズミらしさを感じるものの、こんなネズミ見たことがない。

 クラークさんがフェイスブック上で友人らに意見を募ったところ、昆虫学者のエリック・エドワーズ氏から英語でRat-tailed maggotと呼ばれるハナアブ類の幼虫ではないかという指摘があったそうだ。確かに細長い尻尾などRat-tailed maggotと似ているものの、胴体の形で色が全く違うように見えるが……。

Rat-tailed maggot「Daily Mail」より引用

 他にも奇形のネズミ、コウモリの赤ちゃんとの指摘も飛び出した。しかし、ニュージーランドのバイオセキュリティチームは、蛾の脚ではないかと予想斜め上の指摘をした。同チームのスポークスマンによると、猫などの動物が蛾の胴体を食いちぎり、脚だけが残されたのではないかというのだ。ということは尻尾に見える部分は蛾の脚……うーん、いまいち腑に落ちない。

人気連載

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

【未解決】2人の女子高生が狭いエリアで惨殺された「舞鶴事件」の謎! 真犯人は“呼び出した人物”か?

※ 前編はコチラ!  狭いエリアで10年間に2度も起きている現役女子高生の殺...

2022.01.23 18:00日本
【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

「エイリアンマウスの赤ちゃん」がNZで発見される! これは一体なんなんだ…専門家も困惑のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル