「短小ペニス」を表す“絵文字”が今年爆発的流行へ! 欧米ではすでに常識、まさかのアノ絵が…

 ユニコードコンソーシアムの資料によれば、これは「Pinch(つまむ)」、あるいは「tiny amount(ごく少量)」を示す絵文字だとしている。何か物をつまむとか、お金や時間がちょっとだけしかない、といった文脈で使うことを想定しているようだ。

「短小ペニス」を表す絵文字が今年爆発的流行へ! 欧米ではすでに常識、まさかのアノ絵が…の画像3
画像は「Unicode」より引用

 日本人の感覚では、このジェスチャーはユニコード側の説明する通りのものにしか見えないだろう。だが、欧米ではちょっと話が違うらしい。このジェスチャーは「小さなペニス」と相手を嘲笑する意味を持っているようで、実際に「tiny penis gesture」というキーワードで画像検索すると、このジェスチャーをした人々の写真がずらりと表示される。

「短小ペニス」を表す絵文字が今年爆発的流行へ! 欧米ではすでに常識、まさかのアノ絵が…の画像4
画像は「Google」より引用

 ジェスチャーやジェスチャーは国や文化によって意味が異なることがあり、海外に行った際などは気をつけるべきとされる。おそらくこの絵文字も、送信先の相手の文化を踏まえたうえで使うべきものになるのだろう。今回発表された新たな絵文字は、早ければ今年秋ごろの新機種から搭載される予定である。

(編集部)

参考:「Daily Mail」「ユニコードコンソーシアム」ほか

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ