• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 南米コロンビアの町で若者を惑わす「悪霊」が問題となっている。悪霊はスマートフォンのメッセージアプリを介して若者たちの間に広まっており、非常事態として市長が夜間の外出禁止令を発令する大騒ぎになっているという。一体何が起きているというのか?

1126Pajarito-1.jpg
画像は「El Tiempo」より引用

■WhatsAppで悪霊が流行!?

 コロンビア北部にある人口1700人ほどの小さな町パハリートでは、最近、若者の異常行動が問題となっているという。その内容は橋から落ちる、自分の体を傷つける、失神、けいれん、声の変化といったもので、当局には少なくとも14件もの報告が寄せられているそうだ。

 異常をきたした若者たちは皆、メッセージアプリWhatsAppを使用しており、町の中では「アプリを介して悪霊が広まった」という噂が流れ始めた。事態を重く見た市長イノセンシオ・ペレス氏は、17歳以下の夜間(夜7時から翌朝5時まで)の無断外出を禁じた。違反した場合は保護者に多額の罰金が科せられるという。保護者の付き添いなしで外に出られなくなった若者たちからは非難の声が上がっているというが、親世代にはおおむね好意的に受け止められているという。

コメント

4:匿名2018年12月 5日 07:52 | 返信

そんな事が可能ならスマホだけで人間を幸せに出来るだろ

3:匿名2018年11月28日 09:53 | 返信

一次配布はダークウェブで行われるから尻尾をつかませないんじゃないの

2:匿名2018年11月27日 19:00 | 返信

こういうのって、アプリの開発者や提供者は簡単にわかるだろうに
どうして野放しにしとくんだろう。逮捕しないのか?

1:匿名2018年11月27日 12:37 | 返信

写真を撮ると魂を吸いとられる!
というようなネタ記事だと思ったのに、つまらん。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。