方南町で「真っ黒な母」を描く“日本版ヘンリー・ダーガー”と遭遇し…【バンアパ原昌和・聖糞飛来通信】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 俺はマルちゃんに「なんか凄く可愛い絵だねー。これ誰が描いたの?」って聞いたら。

俺だよ」って言った。

 今のマルちゃんの作風とまるで真逆だったから本当に驚いた。

「こんな可愛らしい絵も描けるんだね!」と言ったら、マルちゃんが言った。

「俺さー、前は神戸の方で会社いくつもやってて、それなりに稼いで、家庭も持ってたんだけど、交通事故で奥さんと子供同時に亡くなっちゃったんだよー。それから仕事全て辞めてこの町に来たんだー。そっからここに住んでずーっと絵を描いてるの。その日から全部グレーに見えるんだよ。青い空が大っ嫌いになったんだー」

画像は「getty images」より引用

 

 マルちゃんはこの部屋で絵を書きながら誰にも看取られることなく死んでいくだろう。

 そんでいつか大家が発見する。まるでヘンリー・ダーガーの様に、マルちゃんの膨大な灰色の世界を。その素敵な輝きは誰にもわからない。

 俺にとって世界一の画家は方南町にいる。 

(文=原昌和)原昌和の連載・関連記事まとめはコチラ

 

原昌和(はら まさかず)
1978年10月17日生まれ。「the band apart」のベーシスト&ボーカル、作詞・作曲も担当。「the band apart」は、1998年に結成。2001年にシングル「FOOL PROOF」でデビュー。多様なジャンルの音楽を取り入れたハイクオリティの楽曲を次々と生み出している。8枚目となるオリジナルアルバム「Memories to Go」を約2年半ぶりにリリース。近年は、怪談師として活動の幅を広げている。
twitter:https://twitter.com/chinwaki
the band apart HP:http://asiangothic.org/

文=原昌和

原昌和の連載・関連記事まとめはコチラ

原昌和(はら まさかず)
1978年10月17日生まれ。「the band apart」のベーシスト&ボーカル、作詞・作曲も担当。「the band apart」は、1998年に結成。2001年にシングル「FOOL PROOF」でデビュー。多様なジャンルの音楽を取り入れたハイクオリティの楽曲を次々と生み出している。8枚目となるオリジナルアルバム「Memories to Go」を約2年半ぶりにリリース。近年は、怪談師として活動の幅を広げている。
twitter:https://twitter.com/chinwaki
the band apart HP:http://asiangothic.org/

コメント

2:匿名 2019年3月27日 03:35 | 返信

作り話っぽいのにこういっちゃなんだがヘンリーダーガーをただの変わったおっさんと並べて語らないでほしい。

1:匿名 2019年3月14日 15:19 | 返信

この話って本当なんですか?絵見てみたい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。