「頭も再生できる」超絶進化中の生物がいることが判明! 2000分の1の肉片から全身再生… 生物学の常識を覆す大発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 しかし、研究者らがこれら22種に先行研究で調査済みの13種を加えた35種のヒモムシの進化パターンを再構築したところ、どうやら高度な再生能力は最近になって獲得されたものだということが分かったそうだ。研究チームのアレクサンドラ・ベリー准教授は次のように語っている。

「ヒモムシの祖先は頭部の再生能力を持っていなかったと推測されていますが、4種において頭部の再生能力を確認することができました。これらのうち1種は1000万年~1500万年前にこの能力を手に入れたと推測されます」(ベリー准教授)

画像は「Phys.org」より引用

 

 最初に生物が再生能力を獲得したのが5億年以上前のカンブリア紀であることを考えれば、生物の進化から見て1000万年は“最近”とのことだ。

 また、頭部の再生能力を持たなかったヒモムシの中にも頭を切断された状態で数カ月生き延びたものもいたそうだが、これは頭部再生能力をこれから獲得しつつある兆しかもしれないという。

 このまま順調に再生能力の解明が進めば、いずれ人間に適用できる日が来るかもしれない。今後の研究に期待したい。

 

参考:「Phys.org」、ほか

編集部

関連キーワード

コメント

1:プーチン大統領 2019年3月10日 01:39 | 返信

ピッコロは頭を破壊されると再生できない!
つまりはピッコロより上ということか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。