堀ちえみや池江璃花子を救うのは、あの「丸山ワクチン」の進化版か!? がん治療の最前線が興味深すぎる!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

堀ちえみや池江璃花子を救うのは、あの「丸山ワクチン」の進化版か!? がん治療の最前線が興味深すぎる!の画像1
画像は、「NHK」より引用

 2月12日、日本競泳女子のエース、池江璃花子選手がツイッターで自身の白血病を告白して日本中に衝撃が走った。また19日には、タレントの堀ちえみがステージ4の口腔がんであることをブログで公表、芸能界に驚きが広がった。これを機に、骨髄バンクの制度や、がんという病気に改めて社会の関心が集まっている。厚生労働省によると、今や日本人の2人に1人が生涯でがんになるというが、私たちはこの病にどう立ち向かい、克服することができるのか? 最新の研究成果は、想像を超える進展を見せている。

■丸山ワクチンに再脚光!?

 これまでがんになった有名人の中には、がんの標準的な治療法を拒否して民間療法などに頼った結果、症状を悪化させて命を落としてしまった人も少なくない。「現代医学でがんを治すことはできない」と思い込んだゆえの選択だったのかもしれない。しかし、そのような認識は徐々に改めるべき兆しも見えている。

 昨年、京都大学特別教授の本庶佑氏は「がん免疫チェックポイント阻害療法」という、免疫療法を応用した新しいがん治療法を発見したことで、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。実は、この治療方法のルーツが「丸山ワクチン」にあることはあまり知られていない。

堀ちえみや池江璃花子を救うのは、あの「丸山ワクチン」の進化版か!? がん治療の最前線が興味深すぎる!の画像2
画像は「丸山ワクチン・オフィシャルサイト」より引用

 ある年代以上の人々にとって、丸山ワクチンの名前は馴染み深いものかもしれない。1970年代の週刊誌を見れば、「がんの特効薬ができた」などという大見出しとともに、大々的に報じられていた。丸山ワクチンが社会的に大論争を巻き起こしたキッカケは、当時の厚生省から認可が下りなかったからだ。学会が総反発したのだ。

 一連の経緯について、「がんワクチンができると抗がん剤が売れなくなるから、製薬会社の陰謀によって販売できなくなった」――と、当時はそんな説まで飛び出した。しかし、丸山ワクチンに対する認識と風向きは現在、大きく変わりつつあるのだ。

人気連載

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

【未解決】相次いだ女子高生惨殺は本当に偶然だったのか? 2つの「舞鶴事件」の謎と真犯人に迫る

 自分が雨男雨女だと思っている人などは、ことあるごとに天気運がないと感じるこ...

2022.01.22 18:00日本
なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

【動画アリ】「死ぬほどビビりました」専門家が驚嘆した波動商品3つ! 自然治癒能力爆上げ、細胞レベルで生体エネルギー調整…

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.01.20 12:00異次元

堀ちえみや池江璃花子を救うのは、あの「丸山ワクチン」の進化版か!? がん治療の最前線が興味深すぎる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル