足を“前後逆に付け替えた”少年、いったいなぜ!? 人の視線や言葉に臆さず… 苦難の末にたどり着いた境地「本当の姿だから隠さない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

 カナダのブリティッシュコロンビア州南西部にある都市アボッツフォードに住むジェイコブ・ブレデンホッフ(14歳)君は、どこにでもいそうなスポーツ好きのティーンエイジャーだった。しかし、悲劇が彼を襲った。彼の脚に、悪性の中でも悪性度の高い骨肉腫が発見されたのだ。

ジェイコブ君の脚に巣くった巨大な骨肉腫 「Daily Mail」の記事より

■闘病生活の始まり

 昨年、ジェイコブ君が膝に痛みを感じ始めた時、医者はそれを単にスポーツでのケガから来るものだと考えていた。しかし、彼の腿に次第に硬いしこりができ、心配した母親のトレーシーさんが病院に連れて行った。血液検査とX線検査を受け、後に連絡が入り、トレーシーさんはジェイコブ君にがんがあることを知らされた。そして医者は、そのがんが悪性度が極めて高い骨肉腫と告げたのだ。

 骨肉腫は、骨の中で成長したがん性腫瘍である。米国では毎年、およそ800~900件の新たな骨肉腫の症例が診断されているが、半分は小児および10代の若者だ。

 ジェイコブ君の場合、MRIを撮ったところ、その骨肉腫は彼の大腿骨を覆いつくしており、大腿骨の内部は非常にもろい状態で、ちょっとした圧力でも折れてしまう危険性があった。

 がんに侵された骨を摘出する前に、ジェイコブ君は抗がん剤治療を受けることになったが、それによって彼の体力は奪われ、150日間以上の入院を要した。

「Daily Mail」の記事より

■手術――「回転形成術」

 医者はジェイコブ君に「回転形成術」と呼ばれる、風変わりな手術を勧めた。それはがんのある骨を取り除いた後で、下肢を180度回転させて、もともと、膝があった部分に足首を接合するというものだ。外見的には、膝部分に前後逆に足首がくっつく様子となる。

 医師は彼に、すねから下の足を膝に前後180度逆さに付けることによって、くっつけた足首が膝の働きをするので、機能的には大腿で切断して、義足を付けるよりはるかに優れていると説明した。そして、その手術を受ければ、将来的には再び走り、スポーツも可能になるというものであった。

 当初、ジェイコブ君は「回転形成術」のあまり異常な外観に、否定的な反応を示したという。しかし最終的に彼は、熟慮を重ねた結果、回転形成術の手術を受ける決断をした。

関連キーワード

コメント

8:匿名 2019年3月19日 03:03 | 返信

酒飲みながら、自称『治った』と主張する人間の書くことを読んでいたのですが、『治った』の意味を理解していない人あまりに多すぎます!そりゃ病院に騙されて当たり前とも言えます!

言うまでなく、書くまでもないことですが、それすらもわからない、理解できない人多くて困ります。

言うまでもなく、『治った』とは病院で言えば医薬品を飲まなくても健康が維持できる、病院に通わなくても健康が維持できることを『治った』と言います。

病院や医薬品が治すためにあるものではないと気がついたのはいいことです。そこは私も同感なので否定しませんが、しかし、特定の健康法を毎日行わなければ健康を維持できない、サプリメントを毎日摂取しないと健康を維持できない、特定の食事法を毎日しないと健康を維持できないのは言うまでもなく治ってなどいません。

言うまでもなく、書くまでもないことですが、『治った』とは何の健康法も食事法もしなくても健康を維持できる人『だけ』が治ったと言えます。その方法をしないと健康を維持できないなんて治ったとは言えません。

別に煽ってすらいないのに、一部特定の人たちはこの程度の指摘で煽られていると感じるそうですが、それこそがまだ治っていないことの証とも言えます。本当に治った人はこんなもんにいちいち反応などしません。自分やクライアントが治っていないと薄々感じるからこそこの程度の指摘に反応するのではないですか?

『治る』とは言うまでもなく、何もしなくても健康を維持できることを言います。なにかしないと健康を維持できないのは治ったとは言いません。もしそれを治ったなんて言う人がいるとすればその人は嘘つき詐欺師です。

7:匿名 2019年3月17日 23:48 | 返信

昨今無数の情報が暴露される中で、いまだに病院さんに足しげく通ったり、医薬品の類い、特に向精神薬を飲んだりする人がいるとすればそれはもはや論外中の論外ですが、私は代替え療法を用いたり医薬品をやめたりする人を叩いてなどいません。
今このご時世にいまだに病院に通ったり医薬品を飲んだりしている人間がいるとすれば死ぬ以外道はないように思います。いまや医者や薬剤師すらが暴露本(医療や医薬品の嘘を暴いた)を出す時代です。薬を飲んだり病院に通えば悪くなるなんてもはや誰でも知ってる当たり前の時代です。まだ知らない人がいるとするならもはや論外です。

問題となるのはそこではなく、誰かが『気がついている』人間を互いに争わせて漁夫の利を得ようとしているところにあります。だからくどいようですが、先ほどの例でいうならCとは誰なんですか?まさか製薬会社の回し者ではないですか?

6:匿名 2019年3月17日 23:11 | 返信

もしかしてBの立場の方が、自らをCであると勘違いしてません?もしくは何者かにそう言われていません?

ガセ情報を流され、もうかれこれ10年ほどたちますんで私ももう慣れっこですが。

5:匿名 2019年3月17日 21:30 | 返信

1です。

先ほどの例がわかりにくかったらしいのでもう一度書きますが、
Aという国
Bという国
Cという商人がいる仮定して、
CがA国とB国に武器を売りたがっているとする。
そこでCはA国にBが戦争を起こしたがっていると嘘を教え、B国にはA国が戦争を起こしたがっていると嘘を言います。
両国には緊張状態が続きやがて戦争がおきます。Cの武器は飛ぶように売れます。
そして終戦を向かえ、A国とB国はボロボロになり無数の死傷者を出しましたが、Cだけは『一滴も血を流さずに富を得ました』。
昨今の戦争はすべてこのパターンだそうです。学校でも会社でもこのようなパターンがみられますね。私も10年ほど前あるところで似たようなことをやられました。

で、話を戻しますが、私がAだとして、Bさんに情報を流した人物、もしくはグループがいる。そのCという人物もしくはグループは誰ですか?と聞いている。

4:1です。 2019年3月17日 20:26 | 返信

>> 3

Aが私だとしてBが何か勘違いなさっておられる人だとする、問題なのはBに偽情報を流したCは誰なのですか?と問うている。Bに接触したCがいるはず、そのCとは誰なのですか?
そいつが不和を生じさせている犯人です。

3:匿名 2019年3月17日 20:21 | 返信

1です。

どうも何者かが私が代替え療法にケチをつけているというガセ情報を流しているようです。
私は代替え療法にケチはつけてはいませんし、薬や医療には大反対の人間です。
だから先ほどの話ですよ。
だれか『仲介者』が間に入ることで両者の間に不和が生じるようにしているんですね。
私だって糖質制限は毎日しますし、時々体に悪い物を食べますし、その他表にはでてきていない治療法にも手を出しています。
問題なのは『誰が』そのCの役割を果たし仲を悪くさせているかということですね。
だから何度も言いますが先ほど書いた『C』は誰なのですか?

2:匿名 2019年3月17日 10:35 | 返信

1です。

最近また誰かがガセ情報流しているらしい。
第三者の原則。
AとBとCというグループがいると過程して、AとBの間にCというグループまたは個人が入り込みAにはBの悪口、BにはAの悪口を吹き込みます。結果としてAとBは仲が悪くなります。
ようするにCは両者が仲が悪くなることで漁夫の利を得ようとしているわけです。私は約10年前ほどにこれをやられ無数の人間に叩かれました。
最近また誤解や妙なのがたくさん出ています。
あなたの周りにCの存在はいませんか?

1:匿名 2019年3月14日 21:12 | 返信

問題なのはなんでそこに腫瘍ができるのかってこと。理由もなく腫瘍などできはしない。何事も理由があって起こる。原因と結果。

これ腫瘍に限ったことじゃなくて、癌や、難病や、精神病も、その他無数に存在する慢性病すべて同じこと。理由もなく人は病気にならない。

その理由とやらは大抵本人が見たくないことだったり、あるいは自分で勝手に勘違いしていたりするが、もし本当の理由を直視さえできれば奇跡や好転が起こる可能性がある。

栄養がどうたらマクロビや糖質制限がどうたら、○○療法がどうたら、デトックスがどうたら、すべて二の次でよい。原因を見ることが先。

コメントする

1です。のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。