【ガチ】「やはり意識は物質に大影響を与える」最新の二重スリット実験で判明! 瞑想者は念だけで量子系崩壊!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【ガチ】「やはり意識は物質に大きな影響を与えている」最新の二重スリット実験で判明! 瞑想者は念じるだけで量子系を崩壊!の画像1
画像は「Collective Evolution」より引用

 

 粒子と波動の二重性を示す「二重スリット実験」では、観測者の存在が粒子の振る舞いを変えてしまうことが知られている。だが、たとえ観測していなくても、人間の意識のみで粒子に影響を与えることもできるのではないだろうか?

 そのことを証明したのが、超心理学研究家のディーン・ラディン氏だ。ラディン氏は、超能力が現実に存在することを主張し、各種の実験で証明する試みを行っている。ある実験では瞑想に秀でた人間が離れた場所から意思を働かせることで量子論的現象を無効にすることができたという。これはつまり意思の力だけで物質世界に影響を与える超能力、サイコキネシスの存在を暗に示すものである。

「観察は何かを測定するだけでなく、観測するものを生み出します。私たちは電子が明確な位置をとるように強制して、私たち自身が測定の結果を作り出しているのです」(ディーン・ラディン氏)

【ガチ】「やはり意識は物質に大きな影響を与えている」最新の二重スリット実験で判明! 瞑想者は念じるだけで量子系を崩壊!の画像2
画像は「getty images」より引用

 

 ラディン氏の実験は長らく科学界では認められてこなかったが、この度、国立科学研究センター(CNRS)の研究者ニコラス・トレンブレイ氏が、ラディン氏が行った上記の実験の追試を行ったとオルタナティブニュース「Collective Evolution」が報じている。同研究は科学ジャーナル「PLOS ONE」に2月7日付で掲載された。

 トレンブレイ氏はラディン氏の実験の追試を2年に及び行った。具体的には、二重スリット実験中に被験者に意識を光学機に向けたり、そらしたりするよう指示したという。通常、このような行為は観測とは見なされないと仮定される(帰無仮説)。

そして、その結果は?

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年3月29日 17:27 | 返信

幽霊とかかなぁ

2:匿名 2019年3月29日 15:12 | 返信

古代人が巨石があるを動かせたのはこれだね

1:匿名 2019年3月29日 02:49 | 返信

それが何の役に立つのかというやつが絶対湧いてきそうwwwwwwwwwww

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。