5G「世界初」ベライゾン開始… 報じられない「5G電波の健康リスクと陰謀論」が怖すぎ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

,

,

,

,

 1970年代、モスクワのアメリカ大使館では奇妙なことが起きていた。大使館職員が次々と白血病、脳腫瘍にかかったのだ。米軍の技術者が調査したところ、大使館は強いマイクロ波の照射を受けていた。この事件はなぜか問題にはならなかったが、これをきっかけとして米軍はマイクロ波の研究を進めた。

 そして、マイクロ波を含めた電磁波の人体への影響が広範囲にわたって解明された。このデータは日本では決して公開されることはない。なぜなら、その対象が“日本人”だからだ。日本の電波法が違法無線には異様なほど厳しく、工業製品の発生する「ノイズ」には世界一ゆるい理由はここにある。

 5Gを使うと、マイクロ波による人体の制御が可能になるのだ。先に説明したビームフォーミングがその具体的技術になる。携帯基地局の出力は約10Wしかない。この出力では、発ガンさせたり、腫瘍を作るなど大掛かりな人体への影響を与えることは難しい上、可能でも長時間を要する。しかし、ある特殊な変調をマイクロ波に加えると、脳に対してさまざまな影響を与えることが出来る。

【ソフトバンク上場】報じられない「5Gのヤバ過ぎる陰謀論」徹底解説! 欲望操作、脳波改変、人体制御…日本人が人体実験に!?の画像4画像は「Getty Images」より引用

 脳波は数Hzから数百Hzという非常に低い周波数を持つ。たとえば、シータ波は「ELF」という4~8Hzの振動だが、これを電気信号にして脳に加えると、非常に安心した感情が発生する。マイクロ波を特殊な変調でシータ波にして放射すると、その電波を受けた人間は安心した感情に包まれる。つまり、人間の感情をマイクロ波で制御できるというわけだ。

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年5月5日 12:54 | 返信

人を騙すには筆者の教養が全く足りない

6:匿名 2019年4月27日 20:39 | 返信

具体的なことに触れていない
占い師が、科学的なことを述べているに等しいと思う
記述の仕方が、パターン化されてる

5:匿名 2019年4月5日 14:42 | 返信

ウチのWiMAX2+は調子良い日で20Mbps。
なのに月5000円。もう笑うしかないwww

4:匿名 2019年4月5日 02:00 | 返信

つーか陰謀論て言い方やめにしねぇ?

一般人からすると、陰謀論と聞くと「ああなんだいつもの都市伝説か」とすぐに思うから。都市伝説じゃねーやな。あれだけ堂々とやられておきながら。

3:匿名 2019年4月4日 18:21 | 返信

さあ、韓国もキム・ヨナで人体実験を開始したぞ。
日本導入は不都合な部分を修正し、安全が確認されてからだ。
安心しろ。

2:匿名 2019年4月4日 18:04 | 返信

超光速通信→超高速通信
じゃあ→では
なんじゃね?

1:匿名 2019年4月4日 15:08 | 返信

トカナの記事だといまいち信用できない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。