5Gの実験中に鳥297羽が謎の突然死!「まるで殺人現場」牛も異変…人体への影響は!?=オランダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 東京オリンピックが近づいてきた。来年の実用化に向け、5Gインフラの整備が急ピッチで進んでいる。5Gは「次世代モバイル通信」と呼ばれ、通信速度が単純計算で4Gの100倍に跳ね上がるというから頼もしい。だが、もろ手を挙げて喜んでいいものかどうか――事件が起きたのだ。

 

■5G実験中に297羽のムクドリが突然死

 昨年10月、オランダのハーグで5Gの実験が行われたらしい。らしい、というのは実験そのものが非公開だったからだ。オランダ鉄道は将来的な運用を目指し、デン・ハーグHS駅に5Gのアンテナ塔を設置しており、その通信エリアの確認および駅ナカや周辺にある機器に影響が出るかどうかをチェックする実験だったという。

画像は「YouTube」より

 実験の同時刻、近隣ハイゲンスパルク地区にある公園で不可解な現象が起こった。木の枝に止まっていたムクドリが、次々に墜落し始めたのだ。ムクドリ以外にも、池で泳いでいたカモが一斉に頭を水中に突っ込んだり、我先にと飛び立ったかと思うと、少し離れた地面や水路に急降下したり。驚いたことに落ちてきたムクドリは、皆息絶えていたという。その数、合計297羽

 さながら、ヒッチコックの『鳥』を彷彿させるようなパニックシーンだったろうが、散乱していた鳥の死骸はすぐに撤去され、現在は公園の一部を人も犬も立入禁止としている。だが、死屍累々を目撃した町の人々は気づいたのだ、新しい5Gアンテナ塔の実験により、突如として野鳥が大量死してしまったことに。

コメント

4:匿名 2019年9月15日 18:26 | 返信

もう5Gサービス始めているところありますけど、こんな陰謀論聞いた事が無いですね。
そもそも開発者は何十倍もの電波浴びるのに。

3:匿名 2019年2月28日 23:47 | 返信

人体への影響は刑務所に5Gのアンテナ建てて
様子見ればいいだろ

2:匿名 2019年2月28日 20:08 | 返信

5Gとは誤字のことである。よく変換ミスがあるだろう?そのとき5Gは生まれる!
生れた5Gは世界中にばらまかれ私の世界征服にも繋がっていくのだ!

1:匿名 2019年2月28日 19:19 | 返信

こうやって少しずつ
追い込まれてこうぜ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。