社宅は恐怖の事故物件だった…“実体験”を緊急掲載! 日本で“最恐に怖い話”を集めた「OKOWA」の怪談がヤバイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

roundabout in a room

私はもう一つ、従業員を物件に住まわせる時に必ずやることがあります。

コンビニとかスーパーで売ってる2リッターの水を部屋に置いておくんです。

その水でお茶やコーヒーを淹れて入居者に飲ませるのですが、そうするとたまに味が変って言うヤツがいるんです。

そうすると大概怪現象が起こる

私がその事故物件でT君にお茶を淹れて飲ませたら、一口でブワァって吹いたんですよ。

これ本物だなって思いました。

で、T君をそこに住まわせました

それから一週間ぐらいT君とは会わなかったんですが、一週間後たまたま会社でT君に会った時に顔見たら目の下が隈で真っ黒なんです。

「どうした?」ってT君に聞いたら「毎晩夜中に誰かが独楽(コマ)を回すんです」って言うんです。

「独楽って何?」って聞くと「お正月とかに子供が遊ぶ独楽ですよ」と言われたんです。

「独楽?あの糸巻いて回す独楽だよな?」って言ったら「そうです。毎晩毎晩誰かが独楽を回すんです」って言うんです。

その話を詳しく聞きたかったんですけど、用事があってすぐに出なきゃいけなかったんで、その場はT君と別れたんです。

それから1カ月くらい経ってから、夜中3時くらいに家で簡単な仕事をしていたら電話が鳴ったんです。ブルルって。

パッと見たらT君からの電話なんです。

あれ?っと思って電話に出たら、T君が小さな声で「今から行きます」って言うんです。

今からって夜中3時だぞ」って私は電話に向かって言ったんです。

そしたら電話が切れました。

あれ?っと思って、でも何か声が変だったなと思っていると、ピンポーンって家のインターホンが鳴ったんです。

モニター越しにを見ると、T君が一所懸命私の部屋番号を押して呼び出しボタンをバーって押してるんです。

なんだこの異常な光景は…と思ってすぐにインターホンに出て、「今開けるわ」と言って開けたんです。

するとエレベーターで僕の部屋の階まで上がってきて、そこから猛ダッシュをする足音が聞こえてくるんです。

部屋のドアがバッと開いたのでT君の格好を見ると、下がスエット、上がTシャツ、何よりびっくりしたのが裸足なんです。

「お前どうしたの」

「いや、ちょっと話聞いてくださいとりあえず。」って言うので、リビングに上げて温かい飲み物を飲ませて、「落ち着いてから話を聞かせてくれよ」って言ったんです。

少し落ち着くと「独楽を回すって話しましたよね」ってT君が言うんです。

「ああ聞いた聞いた」

「あれ実は毎晩回すんですよ。夜中に」

夜中だいたい2時くらいに、誰か全く見えないんですけど独楽をキュッキュッキュッって糸を巻くらしいんです。

なぜか分からないですけど、それが独楽の糸を巻いてるということと、男が巻いているということがT君は分かったらしいんです。

で、次の瞬間ヒュンって独楽を回すんです。

するとT君の寝てる頭の周りをその独楽がフーンフーンって回るんです。

耳に近づいたらもちろん独楽の回る音は大きくなります。

それが今晩はちょっと違ったんです」ってT君が言うんです。

その日、T君は付き合いがあって丁度夜中の2時くらいに寝るところだったらしいんです。

T君が床に就くために部屋の電気を消して布団の中に入ると、またキュッキュッキュッって独楽を巻く音が聞こえるんです。

それでT君は気づいたんです。

T君のベッドは部屋の壁にひっつけているのですが、その壁の向こう側で巻いてるんです。

そんなところで独楽なんて巻けるわけないですよ。

で、またキュッキュッキュって巻くんですけど、その日は何回も何回もその独楽の糸を巻き直すらしいんです。

T君、うわ怖い怖い怖い何してんのって思ったら、その瞬間ヒュンってまた独楽が自分の周りをフーンフーンって回り出すんです。

フローリングの上を回ってる音です。

でもT君はベッドの上で寝ているので、もちろんフローリングより高い位置で寝ています。

さらに不思議なのは、体の上を独楽が貫通していくんです。

それがずーっとフーンフーンと回って、T君の首にカタンと独楽が当たってコロコロって転がったらしいんです。

次の瞬間、頭をガッと掴まれて、そのままグワッと起こされたらしいんです。

うわ怖い怖いってT君が思ってたら、次に独楽を巻く糸でT君の首をグルグルグルグル巻き出すらしいんですよ。

それでもうびっくりして、T君はそのまま走って飛び出して私の家まで来たんです。

私の家ってT君の家からタクシーで15分以上かかるんですが、そこを裸足で走って来たらしいんです。

もうあの家には住めません」T君は私に言いました。

「とりあえず明日お祓い入れるわ」と言って知り合いのお坊さんに連絡しました。

次の日の朝、忙しいお坊さんに無理やり来てもらって、T君のマンションに行ったんです。

T君はさすがに行けないということで、「申し訳ないですけど、着替えと財布と携帯電話を取って来てください」って言うんです。

携帯と言ってもT君は私に電話かけてるんですけど、そこはあえて突っ込みませんでした。

そのままT君の部屋に行ってお坊さんに事情を話すと、お坊さんが気を使って先に入ってくれたんです。

お坊さんがT君の部屋をガシャっと開けるやいなや「あー!」って指を指すんです。

続けて僕が後から入ると、物干し竿のフックに独楽を回す糸がピューっとぶら下がってる

そんなの誰も用意してないんですよ。

もっと怖かったのが、その下にT君の携帯電話が置いてあったんですけど、そのT君の携帯電話も独楽の糸でグルグル巻きにされていたんです。

私の会社は映像編集の会社なので映像のプロがいるんですが、そいつにその心霊写真の1つを見せたんです。

するとそいつが「これ不思議な写真ですね」って言うんです。

どういう写真かっていうと、部屋全体にモヤがかかってるんじゃなく、携帯電話のレンズ20センチくらいのところにモヤの物体があるというんです。

もうびっくりしましたよ。

とても怖かったんですけど、この話は今までフルバージョンで一回も喋ったことないんです。

なぜかって言うと、そのマンションではそれ以降、幽霊が出なくなったんですけど、私の家でたまに独楽の回る音聞こえるんです…。

******************************

いかがだっただろうか、ものすごい恐怖を感じただろうが、これ以上の怪談が、4月20日に聞けるかも知れない。ぜひ「OKOWA」をチェックしてみてほしい。


▼開催概要:怖い話No.1決定戦『OKOWAタイトルマッチ・弐の章』
・日時: 2019年4月20日(土) 開場18:30/開演19:00
・会場:BIGSTEP HALL (大阪・心斎橋BIGSTEP 3F
YouTube Liveとニコニコ生放送による生配信を行います。
・チケット: 前売3,500円(税込) 当日4,000円(税込)
 「チケットぴあ」にて前売券発売中(Pコード:642-160)
チケットURLhttps://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1912756
出演: 松原タニシ、三木大雲、ありがとうぁみ、山口綾子、竹内義和、田中俊行 他
公式Webサイトhttp://www.otune.jp/okowa/


■ お問い合わせ
有限会社ちゅるんカンパニー
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-10-5 H.C.S.西天満ビル7F
TEL:06-6315-1520
FAX:06-6315-1521

※現・チャンピオンの三木大雲氏の怪談はこちら

文=プロ猿ファー・ゴル

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年4月10日 09:12 | 返信

最後の自分の部屋でとか話しつこくなったね
パワハラと携帯持ってきてるボケ話で部屋でまた携帯とか
筆者のは書いてて話まとめられない方のボケか

5:匿名 2019年4月9日 23:57 | 返信

大事な社員を事故物件に住ませて苦しめる経営者って…。まぁヤバそうならすぐお祓いする手筈を整えるだけマシなのかな。

4:匿名 2019年4月9日 21:59 | 返信

この社長祟られて死ぬでしょ
悪業積みすぎ

3:匿名 2019年4月9日 21:49 | 返信

これ、フィクションですよね?
事実だったら、部下を事故物件に黙って住まわせるって相当なパワハラというか…。法律には触れないのでしょうか?

2:匿名 2019年4月9日 21:29 | 返信

怪談にはいろいろ種類があると思いますが
大声や大きな音を出して怖がらせるのと
最後にこの話を聞いた人は〜的な怪談は個人的にあんまり好きではありません

1:匿名 2019年4月9日 20:34 | 返信

こういう話で不思議なのが、独楽の糸という物理的なものは何処から現れたのかな、と。フックにかかってる位ならポルターガイスト(部屋の何処かにあったものが浮遊してかかった)でも良い気がするんだけど、携帯をぐるぐる巻いてるのは、想像すると笑っちゃうw
教えてえろいひと!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。