自殺者も出現…住むとなぜか落ち込むマンションの実態! 新築で日当たりもいいのに“窓から邪気”が…【心霊物件】

関連キーワード:

,

,

 自分に『霊感』が備わっているのかもしれない……と感じたのは上京して、2軒目の引越しをした部屋での時だった。

 今回語る著者の実体験は、まだ自分で家を購入しておらず、賃貸暮らしを続けている人に是非、参考にしてもらいたい。

自殺者も出現…住むとなぜか落ち込むマンションの実態!  新築で日当たりもいいのに窓から邪気が…【心霊物件】の画像1
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 この2軒目の引越しには理由があった。

 著者はもともと歌手を目指して上京し、最初に借りた部屋は東京の東寄りのアパートだ。

 どうにか所属事務所が決まり、夜は遅く、次の朝は早いというハードなスケジュールだったため、事務所の近くに部屋を借りた方が自分の体も楽になる。それで自ら選んだきれいな新築物件が今回取り上げる問題の物件である。

 新築なら大丈夫なのでは……? と思われる人も多かろう。私もその一人であった。

 真っ白な外観にオートロック付、駅まで徒歩2分の好立地。窓は東向きで二面の角部屋ワンルームであった。ひとつ目の窓からは子供たちが遊ぶ公園が、もうひとつの窓からは聖地のような緑が深く美しい公園が見えた。

 これが都会のひとり暮らしだ……! と最初はウキウキしていた。なのに、『あー今日も楽しかったぁー!』と日記を書こうとすると、これがなぜか悲しい事ばかりにフォーカスが絞られてしまい、「卑屈っぽいからやーめた!」と日記帳を閉じる日々が続くようになった。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ