プールで頭をぶつけて“一晩で”ピアノの天才になった男! 目を閉じると別世界が広がり…「突然の天才」たち!

関連キーワード:

,

,

,

プールで頭をぶつけて一晩でピアノの天才になった男! 目を閉じると別世界が広がり…「突然の天才」たち!の画像1
画像は「Disclose.tv」より引用

 音楽や絵画に興味すらなかったのに、ある日突然、周囲をあっと驚かすような才能に目覚めた人々が存在する。米コロラド州出身のデレク・アマート氏もそんな天才の1人だ。

 オルタナティブニュース「Disclose.tv」(4月9日付)によると、2006年10月27日、当時40歳だったアマート氏はスイミングプールの底に頭を強く打ち付ける事故に遭った。アマート氏の脳は深刻なダメージを受け、聴力障害や記憶障害に見舞われた。しかし、その数日後、アマート氏は突然ピアノの前に座り、深夜までオリジナル曲を演奏し始めたというのだ。それまでアマート氏はピアノを演奏したことが1度もなかったにも関わらずである。

 アマート氏によると、事故以来目を閉じると音譜の流れを意味する白黒の物体が左から右へと流れるようになったという。退院後に何も知らない母に向けてピアノを弾いて見せた時、母親は驚きと感動で涙を流してしまったそうだ。アマート氏は自分に突然開花した才能を「神様からのちょっと早い誕生日プレゼント」だと考えているという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ