【速報】シベリアの永久凍土から絶滅した「42000年前の子馬」が発見される! 衝撃の姿…”生きた血液”の採取にも成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
画像は「The Siberian Times」より引用

 ミイラは頭部や四肢を含めて全身がほぼ生前の形のまま保存されており、茶褐色の体表の一部には体毛があり、たてがみや尾にも黒い毛が残されていた。体内の臓器の保存状態も良好で、筋肉組織は自然の赤みを帯びていたとのことだ。

 この調査はロシアと韓国の大学の共同研究として進められており、研究者たちの目的は絶滅したこの馬やマンモスなど、永久凍土で見つかった古代の動物のミイラからクローンを作り出すことにある。今回液状の血液サンプルの採取に成功したことで、研究者たちはこのミイラからクローン可能な細胞を取り出すことにも自信を見せている。すでにクローン誕生のための母体となる馬を選定中とのことだ。

画像は「The Siberian Times」より引用

 近い未来、クローンとして生まれ変わった子馬が誕生するのだろうか。なお「The Sibirian TImes」の記事によると、この子馬のミイラは今年6月7日から日本科学未来館で開催される「マンモス展」に展示される予定だという。クローンとして蘇った姿を想像しながら見学するのも一興だろう。

参考:「The Sibirian TImes」「Daily Mail」ほか

編集部

コメント

4:匿名 2019年4月19日 06:13 | 返信

4万年じゃどんなに保存状態が良くてもDNAが損傷しているだろう

3:匿名 2019年4月18日 17:48 | 返信

もし恐竜とか凍った状態で発掘されたならクローン技術で復活させてほしい!
是非見てみたい!

2:匿名 2019年4月18日 00:35 | 返信

>>1
ロシアで状態の良いマンモスのミイラを見つけた人が、その肉を食べてみたというのをどっかで読んだことがあるけど、臭くてまずかったそうな。残念。

1:匿名 2019年4月17日 20:16 | 返信

こりゃ、フリーズドライ状態だね。
とりあえず、お湯掛けて、、、3分待ったら
 
 
食べられないか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。