“謎の骨”を持つ人類が急増していることが判明! 世界人口の39%に恐怖の変化… 退化の証拠か、専門家も議論紛糾(最新研究)

 膝の痛みの原因の一つに「ファベラfabella)」と呼ばれる丸い小さな骨がある。臨床的意義の乏しい骨であり、ファベラを持つのは人口のおよそ10%程度と考えられてきた。しかし最近、どうやら世界的にファベラを持つ人々が増えているようなのだ。英「BBC」(4月18日付)ほか、多数メディアが報じている。

謎の骨を持つ人類が急増していることが判明! 世界人口の39%に恐怖の変化… 退化の証拠か、専門家も議論紛糾(最新研究)の画像1
矢印の場所がファベラ。画像は「BBC」より引用

 ファベラは筋肉や腱の中に形成される種子骨の一種で、膝の裏側の靭帯の中に存在する。fabellaとはラテン語で豆を意味し、その言葉通り、小さな豆のような形をしている。種子骨には腱の動きを良くする利点があり、膝蓋骨も種子骨の一種だ。しかし、ファベラには臨床的な意義がほとんどなく、要するに無意味な骨だと考えられている上、ファベラ症候群という膝の疾患の原因にもなる“厄介者”でもある。

 これまで、ファベラは人類進化の過程で失われつつあるものだと考えられていた。だが、英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者らの調査によると、どうやらファベラが“復活”しつつあるらしい。過去150年にわたる世界27カ国の論文やデータを調査した所、ファベラを持つ人間は1918年には全人口の11.2%に過ぎなかったが、現在では39%と3倍以上に激増していることが判明したのだ。

「人間の骨格に変化が起きるのは稀なことで、非常に興奮しています。しかも、世界中全ての人間に影響しているんですから」(研究者の一人、Michael Berthaume氏)

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ