「人間ラブドール製造所」ヒトを辞められる“逆転変身専門店”に潜入取材! 顔面製造、梱包、製品撮影…美女を完全にモノ化!

「人間ラブドール製造所」ヒトを辞められる逆転変身専門店に潜入取材! 顔面製造、梱包、製品撮影…美女を完全にモノ化!の画像1

 ラブドールと言えば、男性が女性とのセックスを擬似的に楽しむために作られたものだが、最近は、ラブドールを彼女に見立てて街へ連れ出したり、モデルに見立てて写真を撮ったりと、ラブドールを取り巻く環境は、大きな変化を見せている。車椅子に乗ったラブドールがおじさんと一緒に公園に現れても、それを見て「おかしい」と思う人は少なくなった。そんな中、あまりにも画期的なサービスが登場した。それは、「人間ラブドール製造所」(大阪府東大阪市)だ。

「人間ラブドール製造所」では、「ラブドールのようになってみたい」という人がラブドール風のメイクを施してもらい、衣装を着させてもらって、写真を撮影してもらうサービスを行なっている。撮影のためにバストを大きく見せることもできる。分かりやすく言えば、生身の人間がラブドールになりきることができるのだ。このような”逆転変身専門店”として誕生したのは、2017年12月のことになる。これまでに70人以上が施術を受けている。

「人間ラブドール製造所」ヒトを辞められる逆転変身専門店に潜入取材! 顔面製造、梱包、製品撮影…美女を完全にモノ化!の画像2

 

 施術は、9つのパートに分かれている。「人間界からの離脱」から始まり、「眼球入れ替え」、「顔面製造(施術)」、「衣装着用」、「製品お披露目・命名の儀式」、「梱包・開封の儀式」、「製品撮影」、「ひとり遊び(自撮りタイム)」と進んで行く。「梱包・開封の儀式」では、メイクの終わったお客さんがビニールに包まれる。ラブドールを発送するときに使われている段ボール箱に入ることもある。そして、ビニールに包まれた状態で写真を何枚か撮った後に命名された人間ラブドール名を呼ばれながら開封される。これは、ラブドールを買った人が初めて開封するのと同じ意味合いを持っている。そして、最後に、「人間界への誘い(現実に戻ってくる)」で終了となる。

 これら一連の作業は、製造写真技師(カメラマン)のLEiyA Arata(新 レイヤ)さんと躰型製造師の乙原碧(おとはら みどり)さんによって行われている。普段は、大阪を拠点としているが、今回、東京出張があったので、その模様を取材することができた。東京都内在住のヘアメイクの山田はるかさんも顔面製造化粧師として参加した。筆者が「人間ラブドール製造所」のマジックを見ることができたのは、メイクが終わったときだ。

 施術に来ていた製造女性が鏡を見ると、その変身ぶりに心を奪われていた。そこに立っていたのは、ラブドールそのものだった。ハッキリ言ってかわいいのだ(もちろんご本人もかわいいです!!)。ちなみに施術中は、製品お披露目・命名式まで一度も鏡を見ることはできない。入念にメイクをしたり、バストを大きくしたりしているからだ(バストを大きくしているときは、鏡ありのこともある)。一連の作業が終わると、製造写真技師の新 レイヤさんによる撮影が始まる。不思議なもので、この時点になると人間っぽさが「スッ」と消えている。人間ラブドール名は、「ふわり」ちゃんと命名された。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ