「我々の存命中に巨大隕石が地球衝突する」NASA幹部が断言! 2029年4月13日、小惑星「アポフィス」が激突か!

 広島型原爆の20倍以上もの破壊力を地上に及ぼす隕石衝突が迫っている――今、NASAの管理者が警告している。なんと、我々が生きている間に起こる可能性が極めて高いというのだ!

■今後100年の隕石衝突リスクは普段よりも3倍高い

 4月29日に米ワシントンD.C.で開催された「2019 Planetary Defense Conference」の集会において、NASA管理者のジム・ブライデンズティーン氏が異例の警告を発している。

「これ(隕石衝突)はハリウッド映画ではありません。まず人々の理解を確認する必要があります。我々が知る限り生命を宿す唯一の惑星であるこの地球を、最終的にいかにして守るのかという話です」(ジム・ブライデンズティーン氏)

「我々の存命中に巨大隕石が地球衝突する」NASA幹部が断言! 2029年4月13日、小惑星「アポフィス」が激突か!の画像1
「Daily Mail」の記事より

 彼はこれら脅威事象の深刻さと可能性が増していることの証拠として、2013年の隕石落下事件である「チェリャビンスク事件」を例に挙げた。同年2月に隕石が南ウラル山脈を横切ってロシア・チェリャビンスクに落下して燃え上がった一件は、1908年の「ツングースカ事件」以来最大となる隕石衝突であった。

 死者は出なかったものの、1600人あまりが負傷したといわれ、衝突炎上の威力は広島型原爆の20倍にも及ぶと見積もられている。ある試算によれば、この規模の隕石衝突は60年に一度は発生するものだが、直近では減少していることから、その分、今後の100年では隕石衝突リスクが通常の3倍に高まっているとブライデンズティーン氏は指摘している。つまり、今の現役世代が生きている間に、隕石衝突イベントが発生する確率がきわめて高いということだ。

「我々の存命中に巨大隕石が地球衝突する」NASA幹部が断言! 2029年4月13日、小惑星「アポフィス」が激突か!の画像2
2013年の「チェリャビンスク事件」 画像は「Wikipedia」より

「私はこれらのイベントがきわめて稀でユニークなものであるとお伝えしたいところなのですが、しかしそうではないのです」(ジム・ブライデンズティーン氏)

 現在、NASAは地球周辺にあり衝突する可能性がゼロではない140メートル(459フィート以上)の小惑星のうち90パーセントを検出し、その挙動を追跡している。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ