アルツハイマー病とは異なる認知症「LATE」が発見される! 25%以上が発症する可能性!

アルツハイマー病とは異なる認知症「LATE」が発見される! 25%以上が発症する可能性!の画像3
アルツハイマー病患者の脳 画像は「Wikipedia」より

■ベンジャミン・フランクリンの功績にも匹敵する発見

 LATEは複数の認知領域に影響を及ぼし、最終的には日常生活の個人的活動を損なうのだが、LATEはアルツハイマー病よりもゆっくりと進行することがわかっている。若年性の症状にはなりにくく、主に後期高齢者になってからの症状であるということだ。研究チームの分析によれば、85歳以上の約25%がこのLATEを発症しているという。

 しかしながら厄介なのは、このLATEとアルツハイマー病が組み合わされる可能性があることだ。LATEとアルツハイマー病を同時に抱えている場合、どちらか一方の時よりも認知機能の低下が早く進むというのだ。いわば認知症の“合併症”で劇症化するのである。

 研究チームは今回の発見は、雷が電気であることを明らかにしたベンジャミン・フランクリンの功績にも匹敵するものであるとの自負を持っている。

「もちろんそれまでの人々も稲妻を目撃していましたが、フランクリンは私たちが電気について理解する能力を向上させる概念を形式化することを手助けしました。我々も今回のデータに科学的な焦点を当て、この分野の認知症についての理解を深めるため、そして最終的には新たな治療の可能性を開拓するために、幅広い分野の研究を始めたいと考えています」(ピーター・ネルソン医師)

アルツハイマー病とは異なる認知症「LATE」が発見される! 25%以上が発症する可能性!の画像4
「Live Science」の記事より

 現在のところ、LATEは死後の検死解剖からでしか発見されていないのだが、今回の研究によってLATE疾患のバイオマーカー研究に拍車をかけ、その結果医師が生前にLATEを診断し、臨床試験での研究が可能になることが期待されているという。今回新たに発見された認知症、LATEの診断法と治療法についてさらなる研究の進展を期待したい。

参考:「Daily Mail」、「Science Daily」、「Live Science」、ほか

文=仲田しんじ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

暴力描写が過激ぎて欧米で上映禁止! 壮絶リンチ、耳切り、残酷すぎる人体損壊の名作『続・荒野の用心棒』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

トランプ好きでもQアノンを信じるな! ジェームズ斉藤が解説する「ディープステートの思惑とCIAの裏工作」

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

アルツハイマー病とは異なる認知症「LATE」が発見される! 25%以上が発症する可能性!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル