植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だった

植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だったの画像1
画像は「Phys.org」より引用

 植物は触れられることを嫌がっていることが最新の研究で明らかになった。

 科学ニュース「Phys.org」(2018年12月17日付)によると、豪ラ・トローブ大学の研究者らが、植物は触れられると成長が著しく低下することを突き止めたという。実験に用いられたのはモデル生物として重宝されているシロイヌナズナだ。同研究は学術誌「The Plant Journal」に掲載された。

 研究リーダーのジム・ウィーラン教授によると、ほんのわずかなタッチでも、植物は大規模な遺伝的防御反応を起こし、繰り返し触られると成長も停滞してしまうという。

「人間、動物、昆虫のわずかなタッチ、あるいは植物同士が風で少し擦れただけでも、大規模な遺伝的防御反応が植物内で起こります。30分も触っていれば、その植物の全ゲノムのうち30%が変質してしまうほどです。こうした変質には莫大なエネルギーが消費されるため、成長が滞ってしまうのです。繰り返し触れ続けることで最大30%も成長が低下しました」(ウィーラン教授)

植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だったの画像2
画像は「getty images」より引用

 わずかなタッチに植物が過剰なまでに防御反応を示すメカニズムはまだ分かっていないことが多いが、共同研究者のヤン・ワン博士によると、次のような可能性が考えられるという。

「植物が互いに近い距離で育つとどうしても互いに触れ合ってしまいます。おそらく成長を遅らせる防御反応は太陽光へのアクセスを最適化するものなのでしょう」(ワン博士)

関連キーワード:, , , , ,

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
運気を爆上げして「引き寄せの法則」を発動!! 激動の時代を生き抜くための波動グッズ3選

運気を爆上げして「引き寄せの法則」を発動!! 激動の時代を生き抜くための波動グッズ3選

癒しフェア 2024in大阪 広瀬学 講演 「アリス矢沢透のなんでも応援団!内...

2024.04.19 10:00スピリチュアル

植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だったのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

科学最新記事

世界で起こった“最恐”医療ミス5選!

人体・健康

天才を作る技術、謎に満ちた脳の世界

人体・健康

大砲を腹で受け止めた驚異の鉄人!

人体・健康