植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だった

関連キーワード:

,

,

,

,

,

植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だったの画像1
画像は「Phys.org」より引用

 植物は触れられることを嫌がっていることが最新の研究で明らかになった。

 科学ニュース「Phys.org」(2018年12月17日付)によると、豪ラ・トローブ大学の研究者らが、植物は触れられると成長が著しく低下することを突き止めたという。実験に用いられたのはモデル生物として重宝されているシロイヌナズナだ。同研究は学術誌「The Plant Journal」に掲載された。

 研究リーダーのジム・ウィーラン教授によると、ほんのわずかなタッチでも、植物は大規模な遺伝的防御反応を起こし、繰り返し触られると成長も停滞してしまうという。

「人間、動物、昆虫のわずかなタッチ、あるいは植物同士が風で少し擦れただけでも、大規模な遺伝的防御反応が植物内で起こります。30分も触っていれば、その植物の全ゲノムのうち30%が変質してしまうほどです。こうした変質には莫大なエネルギーが消費されるため、成長が滞ってしまうのです。繰り返し触れ続けることで最大30%も成長が低下しました」(ウィーラン教授)

植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だったの画像2
画像は「getty images」より引用

 わずかなタッチに植物が過剰なまでに防御反応を示すメカニズムはまだ分かっていないことが多いが、共同研究者のヤン・ワン博士によると、次のような可能性が考えられるという。

「植物が互いに近い距離で育つとどうしても互いに触れ合ってしまいます。おそらく成長を遅らせる防御反応は太陽光へのアクセスを最適化するものなのでしょう」(ワン博士)

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

植物は実は触られるのが嫌だったと判明! 植物にとってスキンシップは激ウザ行為だったのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル