「首ポキ」で死ぬリスクがあることが判明! 関節を鳴らした瞬間に脳卒中や植物状態に…

 1日に1回は指の関節を鳴らしてみないことには気が済まないという人もいるだろう。しかしその“癖”は決して首の骨に及ぶことがないようにしたいものだ。首の骨を鳴らし続けていると最悪の場合、死亡する可能性もあるのだ。

■首の骨を“ポキッ”と鳴らした後に脳卒中から半身まひへ

 肩や首に凝りを感じた時には、思わず自分で肩を揉んでみたり、頭を傾けて首の筋肉を伸ばしてみたくなったりもするだろう。指の関節のように、首の骨を“ポキッ”と鳴らしてみたくなる欲求に駆られる人もいるかもしれない。しかし、どうやらそれは禁物のようだ。首の骨を鳴らしてみたばっかりに、脳卒中が引き起こされ、半身まひになったケースが最近報告されているのだ。

「首ポキ」で死ぬリスクがあることが判明! 関節を鳴らした瞬間に脳卒中や植物状態に…の画像1
「Science Alert」の記事より

「私は首のストレッチ運動をしました。そしておそらく少しばかり強い圧力を首筋に加えた時に“ポキッ”という音が聞こえました」と語るのは米オクラホマ州ガスリー在住のジョシュ・ヘイダー氏(28歳)だ。そして彼はこの一件の後、病院に運ばれることになる。

「彼は亡くなる可能性もありました」と担当したオクラホマ州・マーシー病院のバンス・マコロム医師は語る。マコロム医師によれば、ヘイダー氏は脳へとつながる首の主要な動脈の1つである椎骨動脈をこの時に裂傷し脳卒中を発症したのである。

 米ハワイ州ホノルルの脳神経科医、カズマ・ナカガワ氏は、椎骨動脈裂傷は、レアケースではあるものの脳卒中を引き起こす可能性があると指摘している。

 先の3月14日、自宅にいたヘイダー氏はこれまでにもよくある首の痛みを感じた。そして痛みを和らげようと 首を回して筋肉を伸ばしたところ、“ポキッ”と首が鳴ったのだ。この音が聞こえてすぐ、ヘイダー氏の左半身の感覚がなくなっていったという。

「首ポキ」で死ぬリスクがあることが判明! 関節を鳴らした瞬間に脳卒中や植物状態に…の画像2
「Washington Post」の記事より

 首を冷やそうとしてキッチンにアイスパックを取りに行ったヘイダー氏は、自分の身体の異変に気づくことになる。真っ直ぐ歩こうとしても、左45度の角度で進んでしまうのだ。

 数分後、義理の父に連れられて病院に行ったヘイダー氏はそのまま救急救命室入りとなった。すでにヘイダー氏の症状は自力で歩けないほど悪化していたのである。

 CTスキャンの結果、幸いにもヘイダー氏の脳に出血は見られなかった。血栓を溶かす働きのある組織プラスミノーゲン活性化因子(tPA)を投与され、なんとか最悪の事態を回避すことができたのだ。