中学校の同級生が全裸でトウモロコシ畑に捨てられた話がヤバ過ぎた【the band apart原昌和の連載・聖糞飛来通信】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

the band apartベーシストで怪談師・原昌和が、自身の異常性をさらす連載コラム「聖糞飛来通信(ひじりぐそひらいつうしん)」!

【連載記事まとめはコチラ】

 俺の小中学校の同級生に「ガリ」って奴が居た。

右がバットヘッド。画像は「Wikipedia」より引用

 平凡な呼び名の通り背が大きい上に「カリッカリ」に痩せていて、その容姿は丁度「ビーバス&バッドヘッド」の「バッドヘッド」に酷似していた。

 中学の初登校の日、ホームルームでの自己紹介で「ガリ」は突如机の上に飛び乗り、「私は神である。貴様らの様な下民共が、気軽に謁見(えっけん)出来る存在では無い。ひれ伏せ。伏して崇め讃えよ」と「逆人間宣言」をしたのだが、誰からも尊ばれることは無く、その後は変人として扱われた。

「ガリ」は基本的に激弱だが気合の入った馬鹿で、どんな強そうな奴でもいきなり遠巻きから「死ねやカス!」とか言いながら中指をおっ立て狂い、逃げまくるんだけど、すぐに捕まってボコボコにされる。殴られながら「本当に申し訳ありませんでした! 私に出来る事ならなんでも致しますので!」と涙を流しながら絶叫し、相手が満足したところでまた、「俺が貴様の様な腐れ下民に謝罪するわけねえだろがー!」と、再度中指をピーンとおっ立てながら走り去って行くのである。

 俺が知る限り最強の「ど腐れ外道」、それが「ガリ」だった。

関連キーワード

コメント

4:トランプ大統領 2019年5月13日 23:16 | 返信

私の影響で作り話を作ったのか?もっとリアリティが必要だ。つまらん。
ガリ?ショウガのガリか、ガリガリ君か、ガリクソンじゃないのか?
謁見できる存在ではないというか、インプラントによって脳を操作されてコミュ障のように頭の回転が悪くなっているのと、人間のセキュリティ網によって、ことごとく無視されたり阻止されるので、目立てない立場だ。ここの書き込みでも言っているだろう?
八咫烏も守ってやっているなどと言っているが絶対に外に出したくないのが本音だろう。
出るなというのだ。幽閉されて出られない存在。存在を公にするにはクローンで世界征服をするしか方法がないのだ。それか宇宙人として地球に降り立ちUFOで生活するかだ。

3:匿名 2019年5月13日 21:44 | 返信

躁病見聞録―この世のすべては私のもの(幻冬舎文庫)

この本にはもっとキョーレツなエピソードが目白押し。

2:匿名 2019年5月13日 13:16 | 返信

ゲロとクソと小便でブタ引いたってバレる?ポーカー知って言ってんのかな?テキサスホールデムだろうけども
最後まで張って行ってガリが吊り上げて吊り上げての勝負の時ゲロクソでバレたとかならギリギリ分からんでもないが…
金無いのに参加して身包み剥がれるなら分かるけどゲロクソ塗れの服脱がしてくれるん?優しいねありがとう^ - ^

1:匿名 2019年5月13日 13:10 | 返信

この話なんか…うさんくせ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。