プーチンがひた隠すロシアの“奇想天外兵器”5選がヤバすぎる! イルカ、子犬、ポケモンまで… 第三次世界大戦の主力か!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
プーチンがひた隠すロシアの奇想天外兵器5選がヤバすぎる! イルカ、子犬、ポケモンまで… 第三次世界大戦の主力か!の画像1
画像は「Express」より引用

 劣勢に傾く戦局を一挙に挽回するべく、敵の盲点を突いた一撃を浴びせるためにこれまでにも幾多の“奇想天外兵器”が考案されてきた。“奇想天外兵器”というからには、意外であれば意外であるほどその効果を発揮できるというものだが、驚くことなかれ、ソ連時代ならともかく今のロシアでも意外過ぎる“奇想天外兵器”が考案され、来る第三次世界大戦のために(?)出番を待っているのだ!

1. シロイルカ

 水族館でも人気のシロイルカ(beluga whale)だが、先日、ノルウェーの沖合で奇妙な装備が施されたシロイルカを地元漁師が発見している。シロイルカには特殊部隊のようなハーネスが装着されており、小型防水ビデオカメラ(GoPro)が備えつけられていたということだ。そしてそのハーネスには英語で「サンクトペテルブルクの装置(Equipment of St. Petersburg)」の文言が記されていたのだ。

プーチンがひた隠すロシアの奇想天外兵器5選がヤバすぎる! イルカ、子犬、ポケモンまで… 第三次世界大戦の主力か!の画像2
「Sott.net」の記事より

 旧ソ連では実際にイルカが“軍事訓練”を受けていた事実が判明しているが、現在のロシア軍にそうした“イルカ兵士”がいるのかどうかは確認されてはいないという。もしこのシロイルカが現在のロシア海軍の極秘任務を担っているとすれば、わざわざ英語で“所属”を記載するはずもないだろう。謎が膨らむばかりだが、考え過ぎてある段階で敵が“思考停止”すれば思うツボということなのかもしれない!?

コメント

4:匿名 2019年5月22日 11:23 | 返信

勝とうが戦利品は地獄行きだがな

3:匿名 2019年5月22日 08:25 | 返信

昔友達に見せてもらったガンダム(?)のアニメでイルカの脳を使った高性能コンピューターで戦う人たちがいて主人公たちが苦戦するシーンがあったけど人間は勝つためならばなんでもするんだという非常に汚い心理が浮き彫りになったような話だった。

2:匿名 2019年5月22日 08:04 | 返信

誰もが勝つ為には何でもやる嫌な世界だ

1:トランプ大統領 2019年5月22日 03:08 | 返信

戦力がなさすぎて、もはやお手上げ状態か?
白イルカや子犬が相手なら、いつ戦争しても圧勝出来そうだな。
核兵器を持っていてもなんの意味もない。
地上戦力が最も重要だと気付くはず。
戦争をすれば樺太も手に入って日本の領土が元に戻る日が来る。
チョン天皇には働いてもらうぞ!
折角、上皇がいるのだし、集団で樺太に移住してロシアに攻め込もう!
飽くまでこれは経済目的の活動だ!現地に行って工場や住居を作り集団移民する。
更に敵地に天皇が乗り込めばロシアは何も出来ないだろう。
因みに私の認識では北方領土とは四島だけではなく樺太も含めている。
序に日本に攻め込んだ賠償責任で千島列島も頂いて、そこに左翼を住まわせて防衛するのだ。
チョン天皇は樺太移住を希望しており、完璧な作戦である。
そして、この日本本土は我が物に!したいところだ。
猫による日本支配こそ重要である。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。