2050年までに地球滅亡へ! 人類絶滅のプロセス完全判明、たった3℃の気温上昇で終わるほど脆い人類

関連キーワード:

,

,

,

画像は「Express」より引用

 2050年に人類が滅亡するという恐ろしいレポートが発表された。

 科学ニュース「Science Alert」(6月5日付)によると、今年5月に元オーストラリア国防省のチーフアドミラルであるクリス・バリー氏の署名付きで、今後20年の気候変動による世界規模の危機をまとめた「Existential climate-related security risk: A scenario approach」が公開されたという。

 同レポートでは、2050年までに地球の平均気温が3℃上昇し、文明が崩壊するという恐ろしいシナリオが指摘されている。最悪のシナリオでは、35%の陸地、55%の人口が、人類が生存不可能なほどの灼熱に年間20日以上晒されるようになる上、サンゴ礁、アマゾンの熱帯雨林、北極大陸といった生態系が崩壊。それにより、北米では山火事、熱波、干ばつに苦しむようになる。アジアでは巨大河川の水量が激減し、2億人が影響を受け、メキシコや中米では降雨量が半減し、農業が不可能になるだけでなく、半恒常的なエルニーニョ現象が発生し、致死的な熱波が年間100日以上続くことで100億人が土地を追われるとのことだ。

画像は「Science Alert」より引用

 衝撃的な内容だが、同レポートの筆者らは、穏健な気候変動モデルではなく、最も過酷なモデルに従うべきだと主張している。一般的に予測モデルは最も確率の高い中間が採用されるものだが、それによって最悪のシナリオが無視されることは避けなければならないとのことだ。準備がままならないまま最悪のシナリオが実現してしまっては、危機に対応できないからだ。

 とはいえ、やはり彼らが提示しているモデルは実現可能性の極めて低いありもしない擬似的な状況なのではないだろうか? 恐ろしいことに、最悪のシナリオが実現する可能性は意外と高いという。多くのモデルでは、永久凍土の氷解、南極西部の氷山の喪失による温室効果ガスの排出といった要素を考慮に入れていないため、“保守的なモデル”になってしまっているというのだ。

人気連載
ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

ホームレスの「空き缶ビジネス」を体験してみた!ショッキングな結果に…村田らむレポート

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とす...

人気連載
黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

黒人の白雪姫をナンパして青姦、小人たちと乱交…! 人種・障害者・ゲイが絡む絶対封印映画『白雪姫とエッチな仲間たち』が酷すぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ